ICOのメリットについて

ICOのメリット

ICOメリットですが、これは出資するほうと発行するほうとに分けて考える必要があるでしょう。
出資するほうのメリットですが、もちろん端的には将来的に利益が期待できるからということになります。
ただ、この利益というのも内容的には複数のものがありますから、それぞれを分けて見ていくのが良いでしょう。
ICOで出資することで得られるものは、仮想通貨です。
仮想通貨といえばビットコインが反射的に思い浮かぶ人も多いでしょうが、まさにビットコインを思い浮かべて頂ければ結構です。

仮想通貨の価値

仮想通貨は、本質的にはクラウド上の電子データであり、実体はありません。
貴金属のような現物資産ではありませんし、日本円その他の世の中の通貨のように政府機関の保証があるわけでもありません。
株式や債券のように発行主体がその価値を一定程度守ってくれているものでもありません。

そのような、一種お化けのような存在でありながら、現実的にビットコインは現実の価値を持つものとして取引されています。
それを扱うお店は日々増えており、その店で売られている商品を購入することができます。
現実の通貨を受け渡しするように、世界中の人とビットコインをやり取りすることもできます。
オークションなどで実際に行われている方法です。
あるいは、相場に基づいて日本円やアメリカドルと交換することもできます。
本質的にはなんら実体のないものが、現実世界で確かに価値を持つものとして扱われているのです。
当然、そこには利益が生じていることは疑いようがありません。
つまり、仮想通貨を持つことで、利益が得られる可能性があるのです。

ICOへの投資

もちろん今からビットコインを持つことでも利益が得られる可能性はありますが、ある程度世の中に広まってしまったビットコインよりも、生まれて間もない仮想通貨のほうが得られた場合の利益は大きいだろうということは誰の目にも明らかでしょう。
一方で、実体もないような仮想通貨が乱立すれば、そのうちの一部は本当に誰も欲しがらない、価値があるとは見なされなくなる可能性も否定はできないでしょう。
それは確かにリスクですから、考えに入れておく必要はあります。

そして、ICOで仮想通貨を持つことは、通貨として利益が得られることだけがメリットなのではありません。
ICOは企業の資金調達の手段として行われるものですから、株式と同じような価値を持つことにもなります。
つまり、株価と同じように、企業価値が上昇すればその仮想通貨の価格も上昇すると予想されます。
もちろん、保有量の多さによっては経営方針に意見を言うことができるなど、自分自身で企業価値の上昇に貢献することも可能ですし、利益が出れば配当という形でその配分を受けることもできるかもしれません。

企業側のメリット

一方で、発行する企業の側にとってもメリットがあります。
仮想通貨という、今後大きな成長が見込めるものを利用して企業の運営資金を調達できるということです。
とくに小規模な企業にとって、まとまった資金調達というのは容易なことではありません。
それが、仮想通貨という将来性のある存在の力を借りることで、より容易に、より広くから資金調達することが可能になるのです。

もちろん会社そのものの魅力は必要です。
将来性のない企業に投資しようと思う人はいません。
ですが、仮想通貨にはそれ自身の将来性があるために、多少将来性が見通しにくい企業であってもその分をカバーすることができます。
将来性があると判断された企業であれば、仮想通貨の魅力とあいまって非常に容易に十分な金額の資金が調達できるかもしれないのです。
このように、出資する側と発行する側の両方にとって大きなメリットのある存在がICOです。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN