クラウドファンディングとしてのICOについて

クラウドファンディングと従来の資金調達

クラウドファンディングとは企業がインターネットを介して資金を調達することです。
かつては企業が資金調達をするというと、その方法は限られていました。
公的な融資や支援などを別にすれば、銀行などの金融機関から融資を受けるか、自力で株式を公開してそれを購入してもらうことくらいしかなかったのです。
これは、それなりに成熟した企業にとっては十分に可能な方法ですが、まだまだ体力の乏しいベンチャー企業や、そもそもこれから企業を立ち上げるといった段階では相当にハードルが高いものです。
結果として、新しい企業がなかなか生まれない、生まれても大きく成長する前に資金繰りに困って挫折してしまうことが多くなる原因の一つになっていました。

新しい資金調達方法

しかし、インターネットの発達に伴い、企業の資金調達方法も変化が見られつつあります。
インターネットを利用することで、その企業の精神、経営方針、生み出される商品やサービスを世の中に広く直接的にアピールし、これに共感する人はぜひ出資して欲しい、いずれ企業が大きく成長した暁には十分な見返りを約束するからといって、共感者から直接資金援助を得ることもできるようになってきているからです。
実際、このような方法で資金を得て事業を大きく展開し、会社として成長するとともに、出資者には大きな見返りがあった企業も存在します。

ICOの登場

ICOは、意味合い的にはこれに近い資金調達方法です。
銀行や株式市場を介することなく、インターネット上で直接出資者にその企業の魅力をアピールし、賛同を得た人から出資を募ることは同じです。
そして、企業が大きく成長したときには、出資金額に応じて見返りが得られることも変わりがありません。
ですが、ICOには従来のクラウドファンディングにはない魅力が付加されています。
それは、出資に応じて得られるものに大きな特徴があります。
従来のクラウドファンディングでは、出資に応じて得られるものといえば、つまりは出資したことの証明書のようなものだけでした。
もちろん出資金額に応じて何らかの特典、例えばその企業が作り出す商品やサービスを無料でもらえるとか、何らかの形で企業運営に参加できるなどがあったかもしれませんが、それらも含めて、出資したことで得られる見返りとはあくまでもその企業に関連するものに限定されていたわけです。

企業に出資する以上、見返りの可能性はその企業に関連するものに限定されるのは当たり前ではないかと思われるかもしれませんし、確かにかつてのクラウドファンディングではそのとおりでしたが、本当にそうなのか、それ以外の魅力を付加することはできないのかという考えから生まれたのがICOだということもできます。

仮想通貨という見返り

ICOで出資したときに得られるものは単なる出資証明書ではなく、仮想通貨が得られるのです。
これはもちろん出資証明書としての機能は完全に果たします。
従来型の出資により何らかの特典が得られるなら、それはこの仮想通貨を持つことでも得られます。
将来的に会社が大きく成長して見返りが得られるときが来れば、出資し、持っている仮想通貨に応じて見返りを得ることができます。
これらは全てその企業に関連したものです。

ところがこれは仮想通貨なのですから、それに価値を見出す人がいる限り、一般のお金のように取引できる可能性を秘めています。
仮想通貨を発行した企業とは独立して利用され、企業価値とは無関係に価値が大きくなる可能性があるということです。
出資する人にとってはそれだけ利益を得るチャンスが多いということでもあり、企業の資金調達方法として注目を集めるだけではなく、資金運用方法、投資方法としても注目を集めているのがこのICOというわけです。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN