ICOへの投資について

ICOとは

新しい投資方法としてICOというものがあります。
これは本当に最近になって生まれてきたもので、用語も内容も全く知らないという人が多いというか、ほとんどの人が知らないかもしれません。
しかし、今後大きく広まる可能性を秘めています。

これは、Initial Coin Offeringの略です。
直訳すると最初にコインを売り出すことというような意味になります。
これだけでは何のことかさっぱり分かりませんが、実はこれは株式の新規公開に対応して生み出された用語で、内容的にも似たような点があります。
株式の新規公開はIPO、Initial Public Offerignと呼ばれます。
ここからPをCに変えただけの用語ということです。
株式が投資対象であるのは説明を要しないでしょう。
株価が値上がりすることで差益を得られる可能性がありますし、配当金という形で利益を得ることもできます。

仮想通貨の新規売り出し

この株式の代わりにコインを公開して売り出すのがICOです。
そして、コインとはここでは仮想通貨のことです。
突然仮想通貨の話が出てきて驚くかもしれませんが、ビットコインというのは聞いたことがあるでしょう。
コンピュータ上の通貨のことで、現実の通貨にはない特徴もあることから、世界中で利用が広まっています。
ビットコインの詳しい説明はここでは省きますが、仮想通貨というのはビットコインの成功に伴って将来性があるものと考えられ、そしてビットコインだけが仮想通貨であるわけではありません。

仮想通貨は誰でも発行できる

仮想通貨というのはコンピュータ上の通貨ですが、その仕組みというのは原理的には誰でも作れるものです。
ドルやユーロ、日本円といった通貨を個人が勝手に作るのは通貨偽造で犯罪行為ですが、仮想通貨はそもそも国家が規制するものではありませんから、原理的には誰でも作れるのです。
となると、新たな仮想通貨を生み出せば、ビットコインのように成功することが十分に期待できると考える人が出てくるのは当然でしょう。
実際、ビットコイン以外にも数多くの仮想通貨がその後生み出されています。

株式公開に近似するICO

このような仮想通貨はもちろん単なる通貨としても将来性があるわけですが、ここで少し発想を変え、単なる通貨としての魅力以外にも付加価値を持たせたのがICOという仕組みです。
IPOと対比させれば分かりやすいのですが、要はその仮想通貨に株式の意味も付け加えたものです。
株式とは、一義的にはその会社の経営に参加する権利です。
この仮想通貨も同じで、持っている仮想通貨の額に応じて、その仮想通貨を売り出した会社の経営に参加する権利を得ることができます。
経営に参加することなど興味はないという人もいるかもしれませんし、それはそれで全く構いません。
株式を購入しても別に株主総会で意見を言うことなど興味はない、ただ配当金と株価だけに興味があるという人もいるでしょう。
それと同じです。
ICOで購入した仮想通貨は株式と同じような意味がありますから、その会社が大きく成長し、利益を生み出すようになればその利益の一部を配当金として受け取ることもできるようになります。

また、その会社が魅力的で、株式を持ちたいと思う人が増えれば株価が上昇するのと全く同じように、仮想通貨を売り出した会社が魅力的な会社になれば、その仮想通過の価値もまた向上するでしょう。
売却益を手にする可能性もあるわけです。
これらの株式と同じような意味合いについてはもちろん付加的なものであって、通貨としてはもちろん独立して利用することもでき、ビットコインと同じように取引もできることになります。
ビットコインが国家にも企業にも特に依存せず独立して存在しているように、仮想通貨を売り出した企業がたとえ倒産しても、株式的な価値はなくなってしまいますが通貨としての価値は残るわけです。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN