ICOと配当について

ICOと配当の関係

ICOは、本来の意味から言えば配当を受けられて然るべきです。
ですが、それが必須なのか、どんなものでも受けられるのか、受けられるはずなのに受けられないICOは全く信用がならないのかというと、必ずしもそうではありません。

なぜICOが行われるか

これはICOの意味というか、何のために行われるものかということから説明する必要があるでしょう。
ICOは新規で仮想通貨を発行することですが、それは資金調達のためです。
主にはこれから起業しようとしている人、何らかの事業を始めようとしている人が行います。
起業のためには多くのお金がかかります。
それを仮想通貨を発行し、購入してもらうことでまかなおうとするわけです。
しかし、単に仮想通貨を発行するだけでそれを購入してもらえるのなら世の中に苦労はありません。
何の役に立つかも分からないような仮想通貨にお金を払うような人など普通はいないからです。
そのため、何らかの見返りを提供する必要があります。

見返りの一つは、その仮想通貨そのものの魅力です。
その仮想通貨が将来的に広く一般に使われるようになったりして価値が高まると予想されるのであれば、それは魅力となり、購入もしてもらえるでしょう。
しかしこれは簡単ではありません。
世の中に仮想通貨はそれこそ掃いて捨てるほどに乱立しているのです。
既に評価が固まっているというならともかく、新規発行の時点で、ただ単にその仮想通貨としての魅力があるというような差別化が図れることはまずありません。

購入する理由

となると、仮想通貨の新規発行の時点で購入者に提供できる見返りというのは、結局のところは自分たちが始めようとしている事業に求めるしかないでしょう。
その最も端的で分かりやすいものは、その事業がうまく成長して利益を生み出した暁には、購入してくれた仮想通貨の金額に応じてその利益の一部を分配しますよという約束です。
これがすなわち配当です。
見返りとは最終的には金銭的なものとなるでしょうし、事業において金銭がどうやって生み出されるかというとそれは事業が成功することによる利益ですから、これはごく自然な話です。
本来の意味から言えば配当を受けられて然るべきだというのはそういうことです。

しかし、利益を分配することしか見返りはないのかというと決してそうではないでしょう。
先ほどの話ともつながりますが、事業として大きく成長すれば、その仮想通貨の認知度、信用度も上がり、広く一般に使われるようになるかもしれません。
そうなれば仮想通貨そのものの価値が上昇し、結果として見返りを与えたことと同じになるかもしれないのです。
このためには、事業として将来性があるのだということを分かってもらう必要があるでしょう。
それさえクリアすれば、利益の配分は少なくとも当面は無しとすることでも仮想通貨を購入してもらえるかもしれません。
もちろん、全く同じ条件であれば利益の配分を受けられたほうが良いに決まっていますから、それだけ資金調達が困難になるのは致し方ありません。

必ずしも配当があるわけではない

あるいは、事業活動によって得られた利益はその仮想通貨の購入金額に応じて必ず配分しなければならないと決まっているものでもありません。
さらなる事業拡大のために配分してしまうことなく再投資しても構いません。
会社の従業員にボーナスとして配分しても構いませんし、関係者の理解が得られる限りにおいては経営陣、会社の役員で役員報酬として分配してもよいわけです。
このような理由から、配当を出そうと思えば出せる状況にはあるけれども、種々の理由により配分されないということもあり得ます。
これらの状況を鑑みた上で、配当についてどんなポリシーを持っている企業のICOを購入するかは購入者自身が決めることです。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN