ICOへの参加方法について

ICOへの参加の仕方

ICOへの参加方法ですが、まずはICOの情報を知らないことには何も始まりません。
幸いなことに、このような情報をまとめたサイトがいくつかあります。
そのようなサイトを確認すれば、公開前の仮想通貨について、いつ公開されるかという情報を把握することができます。
しかし、単なる公開時期の情報把握だけではいかにも不十分です。
既に今の世の中は仮想通貨でありさえすればどんなものでも持っておけば間違いないという状況ではなくなっています。
有望な仮想通貨もあれば、全く日の目を見ることなくそのまま消えていくものも少なくありません。
というか、割合だけを見ればそのような消えていく通貨のほうがはるかに多いでしょう。
ということで、参加方法の説明としては情報把握だけではなく、その内容の見極めが重要なのです。

事業の評価が大事

内容の見極めですが、王道としてはその仮想通貨を発行している発行元企業、発行元プロジェクトのホワイトペーパーと呼ばれるものを確認することが第一歩です。
ホワイトペーパーとはその企業、プロジェクトの責任者が作成するもので、いったいどんな企業を興したいのか、どんなプロジェクトを実行したいのか、そのコンセプトから説き起こされています。
どんな商品、どんなサービスを世の中に提供しようと思っているのか、それはどんなニーズを満たすのか、既に存在する他の商品やサービスと比べてどんな特徴を持っているのかというように、要は自分の会社、商品、サービスの売り込みともいえる内容が書かれています。

そこで、ICOに参加したい人はまずはこのホワイトペーパーをよく読み、そのコンセプト、商品やサービスに共感し、理解できるかどうかを判断することから始めるべきです。
このコンセプトであれば世の中に受け入れられるはずだと思えばその仮想通貨は有望でしょう。
一方、これはちょっと独りよがりでこんな商品は誰も欲しがりそうにないだろうとか、こんな商品やサービスには既存のものがあってとてもではないが今から新規企業が参入したところでシェアを取ることなどできそうにないなどというようなものであれば、その仮想通貨はあまり価値など生じそうにないということになります。

ホワイトペーパーだけで判断はできない

このようにホワイトペーパーは情報として最も基本となるものですが、それだけではまだ十分ではないかもしれません。
ホワイトペーパーはあくまで当事者が作成するものですので、どうしても色眼鏡で見ていることは間違いないからです。
自分がこれから興そうとしている会社や事業、生み出そうとしている商品やサービスについてはどうしてもひいき目が入ってしまうでしょう。
本当は夢のような、実現性に乏しい話であっても情熱的に書かれればいかにも実現できそうにこちらも思えてしまうかもしれません。
少しは客観的な批評が欲しいところです。

客観的に判断しよう

とはいっても、まだ実態に乏しい会社や事業の話なのですから、十分な世間の批判にもまだまだ晒されておらず、客観的な批評を探すのは難しいことは認めざるを得ません。
それでもインターネットは役に立ちます。
インターネットでその企業や事業、あるいはその起業家を検索するなり、ブログを読む
なりして客観的な評判を探ってみましょう。
あまりにも評判が悪いようなら、もしかすると過去に何か問題を起こしたことがあるのかもしれません。
そういう場合は少しは慎重になったほうがよいでしょう。

生み出そうとしている商品やサービスの方からアプローチしてみるのも一法です。
これもインターネットで検索してみるなどすれば、どれだけ新規性があるのか、実現可能性はどの程度なのか、ライバルはどれくらいいそうなのかというようなことくらいは見えてくるはずです。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN