COMSAは「仮想通貨法」に基づいています

COMSAとは

COMSA(コムサ)は取引所「Zaif」を運営している「テックビューロ」が、資金調達のために発行したICO(Initial Coin Offering)です。
世界におけるブロックチェーンはICOによる資金調達総額がベンチャーキャピタルによりも上回り、今後もICOが活発に行われると予想されています。
しかし、ICOにおける詐欺やハッキングなどのトラブルも増加傾向にあります。
「テックビューロ」は日本の「仮想通貨法」に基づき、ICOを行うことができるプラットフォームを立ち上げることによって、仮想通貨の普及を行っています。

仮想通貨法とは

2016年5月に、「改正資金決済法」、いわゆる「仮想通貨法」は成立され、2017年4月施行されました。
この「仮想通貨法」はユーザー保護」を目的にしていて、ビットコインなどの利用者が安全・安心して取引することができるよう、特定の規制を作っています。
投資における損得は自己責任ですが、取引所での不正やマネーロンダリングなどのユーザーが損をしないよう整備がされています。
海外にも法的な扱いは存在しますが、日本ほどの規制はなく、逆に仮想通貨が制限されることになるので、国によって規制は異なります。
ICOを行うことによって企業は資金調達を行うことができますが、「仮想通貨法」や技術、会計や監査などの問題を考えると、安易に実施することができませんでした。

COMSAが提供するもの

これらの問題を解決するためにICOソリューションである「COMSA」が「テックビューロ」から発表されたのです。
法律に基づいて、技術的な課題や会計・監査などの問題を解決することができるので、ICOを利用することができます。
COMSAは問題を解決するため、資金調達や既存アセットのトークン化、取引所の「Zaif」や「mijinプライベートブロックチェーン」による内部勘定技術などを、ICOソリューションやトークンソリューションなどとして提供しています。

COMSAによるICOは2017年10月に行われる予定で、発行上限はなく、期間中はいつでも購入することが可能です。
使用通貨はビットコインやイーサリアム・NEMで参加することができます。
発行通貨はCMSで、通貨単位のトークンではなく、1USD(110円当たり)に対し、1CMSトークンが付与されます。
ICOが終了すると、CMSトークンは「Zaif」に上場し、トレードすることが可能になります。

COMSAで出来ること

COMSAのICOソリューションはホワイトペーパーの整備やブロックチェーン技術の導入プラン、国内外へのPRやトークンセールのツールなどを纏めて請け負うことにより、ICOの実施をサポートすることができます。
トークンはComsa Coreを通し、NEMやイーサリアムのブロックチェーンにおいて自由に行き来できる予定です。
トークンソリューションは発行するトークンを扱うための「Zaif」や決済ツールなどを提供したり、「mijin」によってトークンを内部勘定において一括管理する環境を構築することができます。
イーサリアムとNEMのブロックチェーンにおいて利用することができるUSドルや日本円、ビットコインとペッグしたトークン発行や変換をサポートすることが可能です。
コントラクトソリューションはビットコインやNEM・イーサリアムのパブリックブロックチェーンや「mijin」で構成するプライベートブロックチェーンを連動させることができ、トークンの整合性を維持することができるサービスをリリースする予定です。
ネットワークフィーを気にしないで、法定通貨による商取引をブロックチェーンにおいてコントラクトとし、第三者の仲介なしに執行することができます。
今後COMSAの需要の増加が予想されるでしょう。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN