ICOに関連する日本の情報ニュースメディア

ICOの興隆

クラウドセールと呼ばれているICOは、新たな資金調達手段として世界各国から注目されています。
このクラウドセールを通じ、数十億円規模の資金調達を実現するためのプロジェクトも登場しています。
ベンチャーキャピタルからの投資額をクラウドセールが上回ったとするデータも存在するほどです。
日本においても、クラウドセールへの関心は高まる一方であり、その概要やメリットなどに関する情報は貴重なものであると捉えられています。

新しい資金調達方法

企業やプロジェクト側がクラウドセールを行う場合のメリットを理解するためには、従来の投資に関する流れに着目する必要があります。
投資家から巨額の資金を集める際、従来の進め方としては、企業やプロジェクト側が入念な事業計画書を作成し、投資家へのアピールを繰り返す手法がとられていました。
しかし、苦労や努力を積み上げ、ようやく資金を調達することができたとしても、株式を投資家に吐き出す必要がありました。
これに比べてクラウドセールには、株式を保有したまま世界中に向けて資金調達を行うことが可能になるメリットがあります。
また、発行したコインやトークンを購入する人の増加によるネットワーク効果も期待することができます。

クラウドセールのメリット

クラウドセールのメリットは、企業やプロジェクト側にのみもたらされるわけではなく、投資家に対するメリットもあります。
従来の場合、投資家は有望な企業やプロジェクトに対する初期からの投資は困難であることが一般的になっていました。
ところがクラウドセールの誕生によって、有望な企業やプロジェクトに対する初期からの投資が可能になっており、それらの企業価値やプロジェクト価値が向上した際には、大きなキャピタルゲインを得られることになります。
更には、一万円に満たない少額からでも投資が可能になるという魅力的なポイントもあります。
そのため、より幅広い個人投資家にも投資のチャンスが開かれています。

情報収拾が大事

日本国内のICOに関連する画期的なサイトでは、日本国内のみならず国外の仮想通貨情報も掲載しており、ウェブマガジンというスタイルで情報を発信しています。
他のICO情報サイトとは異なり、ニュース記事という形式で役立つ知識を提供しています。
最新のICO情報に限定されているわけではなく、ビットコインとその他のアルトコインといったカテゴリー別に分類された状態で掲載されています。
このような掲載スタイルになっているため、求めている仮想通貨の情報を即座に発見することができる特徴があると言えます。
ICOに関連する斬新なサイトについては、今後も進化し発展していくと予測されています。
クラウドセールにはメリットだけではなく、リスクの可能性もあるため常に注意を払う必要があります。
理解しやすいリスクとして、ビットコインの価格下落リスクがあります。
現状において、ビットコインは順調に価値を上げており、2020年の東京オリンピックまでは価値が上昇し続けると予想されています。
短期的には、ビットコインの価格高騰が終わることは考えにくい状況になっていますが、この価格高騰のスピードについては、いずれ緩やかになる時期が到来すると言われています。
そして、ビットコインバブルがはじけてしまった場合には大暴落という危険性もあるため、この点に関しては慎重な姿勢を維持することが重要です。
ビットコインの価格や現状について常に正しい情報を得るためには、日本国内でのICOに関する情報ニュースメディアなどをチェックする習慣を身につける必要があります。
メリットとデメリットの双方に目を向け、損をしない投資というものを念頭に置きながら、仮想通貨情報にも敏感になることが大切であると言えるでしょう。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN