仮想通貨とICOについて

仮想通貨と現実通貨

仮想通貨というのは例えば日本円やアメリカドル、ユーロといった現実の通貨とは異なって、紙幣や硬貨といった形がありません。
ただ、この形がないというのは、実は十分にその特徴の本質を言い表しているとは言えません。
例えば、日本円そのものではありませんが、それが使えるところでは日本円と全く同じように使える電子マネーというものがあります。
交通系の電子マネーや流通系の電子マネーなど、最近では鉄道への乗車やスーパー、コンビニ、さらには一般の商店にも利用できるお店が広がってきており、既に使ったことがあるという人も多いでしょう。
このような電子マネーは紙幣や硬貨という形はありません。
カードという形をとっていることも多いですが、カードがその本質ではなく、本質はそのカードに埋め込まれているICチップ上の電子データです。

通貨の姿とは

あるいは日本円そのものをとっても、よくよく考えれば今は紙幣や硬貨を利用せずにお金が動くこともいくらでもあります。
クレジットカードを使ったことがある人であれば分かるでしょうが、クレジットカードで買い物をしてもその時点で別に紙幣や硬貨は動きません。
購入代金の情報はお店の端末からカード会社へ電子的な情報として伝達され、後日カード会社から銀行に同じように電子データとして伝達されて口座残高からその金額が引き落とされるだけです。
形の上では、自分の銀行口座からカード会社にお金が移るわけですが、それとて実際に紙幣や硬貨が運び込まれるわけではなく、実際には電子データの形でやり取りされているはずでしょう。
クレジットカードに限らず、銀行でお金の振り込みをしたような場合でも同じです。

通貨を保証するもの

このように考えると、現実のお金ではあっても、今の時代、必ずしも紙幣や硬貨といった実体がその本質として重要ということではなさそうです。
では仮想通貨とはもはや現実の通貨と何ら区別するようなものでもないのかというと、それは正しくありません。
日本円やドル、ユーロその他の現実の通貨と仮想の通貨の間には、紙幣や硬貨といった形があるかないかではなくて、より重要で本質的な違いがあるのです。
それは、その価値を誰が保証しているかです。
現実の通貨は、少なくとも我々の知る限りは、その価値を保証しているのは国家や政府といったものです。
一方で仮想通貨はそのような形での価値の保証はありません。
むしろ誰も保証などしない、価値がある、通貨として使えると思った人が価値あるものとして使い、そうでない人にとっては全く何の価値もないように思えることさえあります。

ICOとは

しかし、ここで少しだけ発想を変え、それを発行する人というか企業がある程度の価値を保証するようにしたものがICOです。
企業が価値を保証するものということで、ある意味で株券に近いものがあります。
株券は実際に株式市場で取引されたりすることがありますし、持っていることで配当を受けることもできます。
一方、あくまで価値を保証するのはその企業に過ぎませんから、企業が倒産してしまえば無価値になってしまいます。

ICOでは、企業は株券を発行する代わりに仮想通貨を発行します。
そして、株券を持っていると配当が受けられるのと同じように、その通貨を持っていることで配当を受けることができるようにもなります。
仮想通貨の発行には特にその裏付けとなるような資金や資産は必要ではありません。
必要なものはそのような資金や資産ではなく、むしろ将来性です。
その企業に将来性があって、いずれはきちんと配当を受けられるようになると思えば、投資家はその通貨を購入してくれるでしょう。
このあたりは全く株券と同じです。
ICOによって、企業は資金調達が図れ、投資家は将来を配当を期待するのです。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN