ICOとクラウドセールについて

仮想通貨の新規発行

ICOクラウドセールの一種です。
これは、企業や企業内のプロジェクトなどが、資金調達のために仮想通貨を新規に発行して売り出すことを指します。
仮想通貨といえば今では様々なものがありますが、少なくともある程度名前の知られているものはそれなりの値段が既についてしまっています。
その時点から購入してもなかなか儲けは期待しにくい、できればまだ知られていない、新しい仮想通貨を手に入れることはできないものかと思っている人も多いでしょうが、そういう人にこのICOクラウドセールはまさにうってつけということができるでしょう。
これまでにまだ知られていない、新しい仮想通貨が新規に発行されるのがICOだからです。

ICO countdown

仮想通貨は、発行され取引がなされるようになった時点で、最初の値段の10倍といった値段がつくことも珍しくありません。
そういう意味ではできるだけ早い段階で、まだほとんどの人が知らない段階で情報をつかんでおくことが欠かせません。
幸い、そのような情報を集めたサイトがあります。
ICO countdownなどのようなサイトがそれに当たります。
もちろんこのようなサイトはとくに一部の人たちだけのサイトではなく広く一般に公開されているものではありますが、それでもまだまだ知らない人も多いでしょうから、このようなサイトでクラウドセールの新規情報を集めることが人に先んじるチャンスということになるわけです。

判断基準を持とう

このようなサイトでクラウドセールの情報を集めだすとすぐに分かることですが、実は、新規に公開される仮想通貨というのは極めて多くの種類があります。
最近の仮想通貨人気にあやかって、とにかくどんなものでもよいから新規の仮想通貨が欲しいなどと思ってこのようなサイトを見ると、それこそあんぐりと口を開けてしまうことになるかもしれません。
数えきれないくらいの仮想通貨が日々発行されているからです。
お金がいくらでもある人を除いて、普通の人はどの仮想通貨を選ぶICOべきなのか、ある程度の判断基準がないことには戸惑ってしまうことでしょう。

クラウドセールでどのような仮想通貨を選ぶべきなのか、そのポイントはどうやって見極めればよいのでしょうか。
一つ考え付くことは、先ほどのようなサイトである程度どれが良いのか示されているのではないかということです。
ですが、これはあまり当てにはできません。
実際にはサイト上ではそのような判断基準はほぼ全く示されず、ただ単に羅列されていることが普通だからです。

情報収拾は多面的に

判断基準は、発行元の信用性が第一ということになります。
場合によっては実際には仮想通貨としてほぼ使えない、利用したくてもできないようなものも含まれているからです。
それこそインターネット上で発行元の信用性を調べてみましょう。
普通は、発行元自身が自分たちの信頼性、信用度をアピールしているはずです。
発行元としても数多くある仮想通貨の中から自分たちのものを選んでもらう必要があるわけですから、このようなアピールには熱心です。

また発行元自身のアピールだけではなく、インターネット上の一般的な口コミというのも参考にすることができます。
もちろん仮想通貨そのものは発行前なのですから口コミも何もないでしょうが、発行元の信用性については口コミも十分に参考にすることができるでしょう。

今はまさに仮想通貨が爆発的に世の中に普及する黎明期、普及前夜ということもできます。
今の時点で先を見越して仮想通貨を持っておくことは将来的に大きな意味を持ってくることは間違いありません。
ICOはそういう人たちのために大きな機会を提供してくれる場だということができます。
あとはそれに参加するだけということです。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN