注目を集めるICOについて

新しい資金調達手段

ICO注目を集めていますが、まだまだ広く知られているとは言えず、聞いたこともないという人も多いかもしれません。
これは起業家にとっては新しい資金調達手段であり、一般の人にとっては将来的に大きな利益を得るチャンスでもあります。
ICOとはクラウドファンディングの一つなのですが、そこに関係してくるのは仮想通貨です。
仮想通貨というとビットコインを思い浮かべる人が多いでしょう。
ビットコインは世界中で爆発的に広まりつつあり、その仕組みを作り上げた人はもちろん、まだ全く世の中に知られていない時代から将来性を確信してまとまった数量でそれを手にしていた人は、今では信じられないくらいの利益を手にすることができているはずです。

新しいICOを探そう

今からビットコイン取引に参入してももちろんそのようなチャンスはあるでしょうが、既に大きく広まりつつある状態ですから、利幅も限られてくるのは仕方がないでしょう。
真に大きな利益を手にする人とは、まだ人のやっていないことをやる人、まだ全く広まっていないけれども将来性のあるものをいち早く掴める人なのです。
このようなことを考えている人にとってICOは極めて大きなチャンスになります。
新しい仮想通貨を他の人に先駆けていち早く手にする機会が得られるからです。

リスクは自己責任

もちろんそれが将来的に100%確実に値上がりするという保証はどこにもありません。
それどころか元本が保証されているわけでもありません。

ですから、元本保証がないと困るとか、たとえわずかでも良いから値上がりしてくれないと困るというような人には向いていないでしょう。
ですが、世の中を見渡して、真に100%確実に値上がりするとか、元本が保証されているようなものなどどこにもないとも言えます。
銀行の預金でさえ銀行が倒産する可能性はありますし、日本円で元本が保証されていたとしてもインフレの可能性を考えにいれれば、価値として保証されているわけではありません。

人と同じことをやっていても大きな利益は期待しがたいものです。
人を出し抜くといっては言葉は悪いですが、人に先んじて行動しなければ大きな利益を手にすることはできないものです。
そこにリスクがあることは確かに事実ですが、多くの人がリスクをうまくコントロールして大きな利益を得ていることもまた事実です。
新規の仮想通貨はまさにそのようなチャンスを提供してくれるのです。

起業家にとってのメリット

一方で、起業家にとってもICOは新たな資金調達手段として注目を集めています。
起業家にとって資金調達は常に悩みの種ですが、それを銀行から借りるにせよ株式を公開するにせよ、様々な規制がそこにはあります。
変化の激しい今の時代に合わせて仕事を進めようとしても、タイムリーに、フレキシブルに資金を調達することが従来の仕組みではなかなか困難なのが現実です。
銀行であれば審査がありますし、株式であっても公開には様々な条件があります。

これは、お金を得る以上は当然のことのように受け止められていたかもしれませんが、それこそが旧来の考え方に縛られています。
そのような規制から逃れられないのであれば、そこで発想をがらりと変え、そんなところから資金調達することなど考えない、別の方法を編み出すという、非常に野心的というか革新的なものの考え方でしょう。
そして、仮想通貨というのはこのような考え方にぴったりと当てはまる非常によいツールになっています。
仮想通貨の発行というのはそのような規制やしがらみに縛られません。
その価値を判断するのはただ投資家だけで、投資家にダイレクトにアピールし、その理解や共感が得られれば仮想通貨の購入という形でダイレクトに資金を調達できるのです。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN