今注目のICOについて

ICOとは

ICOがいま注目されています。
これはInitial Coin Offeringの略ですが、仮想通貨の新規売り出しのことです。
仮想通貨といえばビットコインが最も有名でしょうが、これは既にある程度価格が高止まりしてしまっています。
もちろん今後とも価格が上昇する可能性は十分にありますので、今からでも持っておけば得をするかもしれませんし、将来的な値上がりという意味での損得勘定とは別にしても、例えば海外サイトや海外オークションで購入するときには、相手方がビットコインに対応している限りは、ドルやユーロ、日本円で購入するよりはお得に取引ができる場合が多いです。
というのも、ドルやユーロ、日本円などで取引をするときは、為替手数料はもちろんのこと、送金手数料などがかかってくるためです。
銀行を介して取引をしている以上、そして銀行を介して取引をせざるを得ない以上これは仕方のないことなのですが、この手数料は決して馬鹿にはなりません。

その他の仮想通貨のメリット

実は海外と取引をするときだけでなく、日本国内で日本円で取引をするときであっても、銀行の振り込み手数料というのはかかってしまいます。
ビットコインの場合は銀行は関係ありません。
インターネット環境さえあればそのまま取引ができてしまいます。
銀行を介する場合であっても別に現実の紙幣や硬貨が行き来するはずはなく、インターネットによる電子的なやり取りだけのはずですが、それでも手数料がかかる仕組みになっているのです。

このようにビットコインには現実の通貨にはない利点があるのですが、先にも述べたように既にある程度価格が高止まりしてしまっているという難点があります。
しかし、別に仮想通貨はビットコインしか存在しえないわけではありません。
ビットコインはインターネット上の仕組みの一つであり、その気になれば同様のものを作り出すのはさして難しいことではないのです。
このような新規の仮想通貨の売り出しのことをICOと呼んでおり、いま注目されているのです。

ICOはある種の株式公開

当然ながら新規売り出し時にはまだ広く一般には知られていない状態ですから、比較的価格が安いのが特徴です。
そして、将来的に人気が出るようになればそれだけ価格が上昇することが期待できるということで、投資対象として魅力的なのです。
また、ICOは一種の株式のようなものとしても機能します。
株式は企業の資金調達手段の一つであり、投資家にとっては株価の上昇が期待できたり、あるいは配当金が期待できたりします。
また、株式の持つ本来の意味として、その企業の経営に参画できるという意味合いもあります。
株主総会に出席した人もいるかもしれません。

ICOで新規に売り出される仮想通貨も似たような意味合いを持ちます。
とくにベンチャー企業など、将来性は十分に期待できるけれども資金力も信用力もまだまだ十分でないという企業は、従来の方法で資金を調達するのがなかなか困難です。
そのような場合に仮想通貨を発行することで、将来的な値上がりを期待して購入する人から資金を調達できると同時に、その仮想通貨はその企業の経営に参画できる権利としても扱われたりします。
そして、企業に利益が出れば利益の配分としての配当金を受けたりすることもできるのです。

広がる仮想通貨の可能性

インターネットの世界でつい最近広まった仮想通貨ですが、単にお金の代わりとして使われるだけに留まらず、株式の代わりとしても使われるようになってきているのです。
まさに日進月歩、インターネットの世界の進化は非常に速いということができるでしょう。
ビットコインのときは出遅れた人も、次のICOのときは出遅れないようにすることで大きな利益を得るチャンスがそこにあるのです。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN