ICOは情報が最重要

仮想通貨は玉石混交

ICO情報が命と言ってもよいでしょう。
仮想通貨であれば何でも同じというはずがなく、将来価値はそれこそ10倍以上になるようなものもあれば、新規公開時に購入はしたけれどもその後は売るチャンスすら与えられずに忘れ去られていくものもあるからです。
これらを確実に見分ける方法があればそれこそ億万長者になれるはずですからこちらが教えて欲しいくらいですが、確実とはいかないまでもそれなりに確度高く評価する方法はあります。

目利きのキモ

まず、ICOの基本として、発行者は何のために、何を目指して仮想通貨を発行するのかを知っておく必要があるでしょう。
全ての原点はそこにあります。
発行者は、単に仮想通貨を世の中に広めたいと思って発行しているのではありません。
これは企業が資金調達のために行うものだということをまず頭に入れてください。
企業を新たに立ち上げるとき、あるいは既に存在している企業においても何らかの新しい事業やプロジェクトを立ち上げる場合、そこには当然お金がかかります。
銀行などの金融機関から融資してもらう方法や株式を発行する方法、あるいは既に企業としては軌道に乗っているのであれば新規事業に対しては自社の利益から捻出するという方法がまだまだ一般的ではありますが、このような既存の方法とは一線を画し、銀行や株式市場などの仕組みに頼ることなく自力で広く一般から資金を募ろうというのがICOです。

事業の目利き

そうである以上、仮想通貨の見分け方とは、すなわちその企業やプロジェクトの見分け方と重なる部分が多いというのは理解いただけるでしょう。
将来性のある企業やプロジェクトであればそこが発行した仮想通貨にも将来性があると考えられますし、その逆もまた然りです。
しかし、それは分かったとしても、企業はプロジェクトの将来性など一体どうやって判断すればよいのでしょうか。
どんな情報をもとにどのように判断すればよいのか、まったく見当もつかないという人もいるかもしれません。

ですが、ここは難しく考える必要はないのです。
というのも、情報というのは全て二面性というか、二方向、双方向のものだからです。
こちらが分かりにくい、分からないものは決してこちらだけの責任ではありません。
考えても見てください。
しっかりと伝えたいことが伝わらなかった場合に困るのは誰でしょうか。
自分の企業やプロジェクトの魅力が伝わらなければ発行した仮想通貨も買ってもらえず、資金は十分に集まらないでしょう。
それで困るのは結局は自分たちです。

本気度が大事

ですから、本気の企業、つまりその事業やプロジェクトに絶対の自信があり、何が何でも成功させたいと思っていて、そのためには何としても必要な資金を集めたいと意気込んでいる人々は、その事業やプロジェクトそのものに心血を注ぐだけではなく、それをアピールする、ありとあらゆる手段を使ってでもそれを知りたいと思っている人にしっかりと伝わるように努力をするはずだからです。
ですから、こちらとしては必要以上に難しく考えることはなく、情報は向こうからやってくるはずだと思っていてもさほど大きな間違いではありません。

とはいっても、基本的なところを押さえておかないことには何をすべきかもさっぱり分からず困るでしょう。
基本としては、そのような企業やプロジェクトが作成している事業計画書、通称ホワイトペーパーをじっくりと検討することです。
事業計画書やホワイトペーパーはこの分野では常識とも言えるものですから、まずはここを押さえるべきでしょう。
もちろんこれだけではありません。
今ではそれこそインターネットを使ってその気になればいくらでも情報を発信できる世界です。
ネット上の情報も役に立つことはあるでしょう。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN