ICOカウントダウンとはなにか

ICOカウントダウンとは

ICOカウントダウンというのは、新規に公開予定の仮想通貨のスケジュールを確認できるサイトのことです。
仮想通貨というのは、ある程度広まってしまうと価格が高止まりし、その時点でやおら購入してもその後に大きな利益を得ることは難しくなります。
できるだけ早い段階で、まだ知っている人がほとんどいない状態で購入するのが一つの理想です。
またほとんど知る人がいない段階ではそれだけ人気もないわけですから安く購入することができ、将来的に値上がりした場合に大きな利益を手にすることができるからです。

情報が命

しかしそのためには、まだ知っている人がほとんどいないような時点でそれを知らなければならないという、ある種の矛盾を抱えることになります。
それを可能にする手段の一つがICOカウントダウンであり、ここではまだ公開されていないけれども新規に公開予定の仮想通貨のスケジュールを確認することができます。
もちろん、このようなサイトは別に会員制でもなんでもなく、誰でも見ることができるわけですから、本当の意味で誰もまだ知らないような情報をこっそりと入手できるわけではないかもしれません。
しかし、ICOそのものがまだ広く知られているとは言えない現状において、さらにこのようなサイトの存在までも知っているということは、世間一般から見るともう十分に他の人の知らないような情報を握っている人ということになるでしょう。

リスクは自己責任

もちろん仮想通貨というのは玉石混交です。
将来的に大化けするものもあれば、鳴かず飛ばずでそのまま忘れ去られていくものもあります。
仮想通貨は、その新規発行に特別に高いハードルがあるわけではありません。
その気になれば、ここでそれを購入しようかと考えている人でも発行することは不可能ではありません。
それなりのコンピュータ、インターネットに関する知識が必要でしょうが、本質的な技術としては別に秘密でも特許があるわけでも何でもありません。
資金面についても、高額のお金が必要になるわけでもなければ、そう簡単には揃えられないハードウェアや設備が必要になるわけでもないのです。
そして例えば監督官庁の認可や許可が必要になるわけでもありません。

この状況で、しかも目の前にはビットコインを初めとして人もうらやむくらいに成功している仮想通貨の実例が転がっているのです。
これは二匹目、三匹目のどじょうを狙う人が出てこないほうがおかしいでしょう。
実際、それこそICOカウントダウンなどで探せばすぐに分かりますが、新しい仮想通貨というのはびっくりするくらいの頻度で発行されています。

ですが、仮想通貨は新規に発行すれば利益が得られることが保証されているわけではありません。
世界中の人々がこの仮想通貨は使える、使いたい、持ちたいと思ってくれない限りは価値を生じません。
元は単なる電子データに過ぎず、それそのものが価値を持っているわけでも何でもないのですから、ただ人々の信用のみが頼りなのです。
それこそ数え切れないくらいの仮想通貨が乱立している状況で、全ての仮想通貨が広く世界の人々から信用されるようになるかというと、そんなはずはないだろうというのはすぐに分かることです。

目利きが重要

ですから、いくら新規公開前に情報が把握できるとは言っても、全てを同列に扱い、全ての仮想通貨に同じように投資しても総合的に見て利益を得ることは難しいでしょう。
どんな仮想通貨が人々に信用されそうか、使ってもらえそうな仮想通貨なのか、人気が出そうかということを考えて見抜く力はやはり必要とされます。
その意味ではICOカウントダウンは利益を保証するサイトでも何でもなく、一種のツール、道具に過ぎないということは理解しておく必要があります。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN