クラウドセールでStorjが人気の理由とは何か

普及期に入った仮想通貨

仮想通貨が非常に高い人気を博している人つの理由として、現代の商取引の変化とインターネットビジネスの普及があります。
これまで一般的に商取引においては商品を先に渡し代金は後で納入すると言う後払いの仕組みが一般的となっていました。
しかし世界を取り巻く情勢が大きく変動する現代においては、現実社会における通貨の価値が大きく変動するため、国際間取引においては後払いの場合そのレートの変動により大きな損失を招く可能性があることからその場で代金を支払うと言う仕組みが見直されています。

インターネット上の取引においても、現実の通貨を利用する場合にはインターネット上の取引が成立した後で別途代金を支払わなければならないと言う問題が発生しており、支払いのタイミングによってはレートの変動により大きな損失を被ってしまうことも少なくありません。
そのためインターネット上の取引において取引成立と同時に対価を支払うことができる仕組みとして仮想通貨が考案され、広く普及しています。

仮想通貨の技術

しかし仮想通貨は現実の通貨と異なりその実態がないため、これが本物であることを証明するためには様々な仕組みが必要になります。
一般的によく利用されているのは暗号化による交換方法で、取引を行う際にお互いにこれを解読する秘密鍵を保有し暗号化された状態で引き渡すことで安全性を保つと言う方法です。
そのため仮想通貨においては暗号化技術が非常に重要な鍵となりますが、広く流通させるためにはその仕組みを一般に公開しなければならず、鍵の性質によっては第三者に悪用されると言うリスクを伴うことも少なくありません。
そのため仮想通貨を生成する会社においては悪用されないような鍵の仕組みを次々と開発し公開しています。
ただし複雑な方式であってもその方式を盗まれると言うリスクもあり、その管理運用については非常に厳重なセキュリティを維持することが重要になっています。

Storjの登場

Storjはこれまでの仮想通貨とは全く異なる発想で強固な暗号化を実現していると注目を集めています。
これまでの画像通貨の暗号化の方式は暗号化された本体を相互にやりとりし、お互いに持っている秘密鍵でこの暗号を解読すると言う方法ですが、Storjは通貨の本体をネットワーク上の様々なポイントに分散させて格納しており必要に応じてこれを集約させた上で秘密鍵を利用して暗号化を解除すると言う方式をとっていることから、情報が盗聴される危険を回避することができるという特徴があります。
そのため、分散された通貨の情報を集約させるアルゴリズムを管理することで、第三者に盗聴されるリスクを減らし、安全に通貨のやりとりができると言う構造になっています。

強固なセキュリティ

この独自の暗号化方法は従来の仮想通貨に比べ非常にセキュリティレベルが高く、かつ暗号化された通貨のデータを紛失した場合でもネットワーク上のポイントから収集することができるため復元の可能性も高いことから、クラウドセールにおいては非常に高い人気を博しています。
一般的にクラウドセールにおいてはその投資がなかなか思うように集まらないと言う実態があるのですが、Storjについてはその利便性と高いセキュリティが評価され、非常に多くの投資を集めている点が大きなポイントとなっています。
一般的にクラウドセールにおいては投資家に対してその見返りとして仮想通貨やこれを利用するためのトークンを配布することが多いため、Storjが広く市場に出回ることになりさらに普及を促進すると言う実態があります。
そのため多くの投資家がStorjを利用しその利便性に高い評価を与え、さらにクラウドセールにおいて投資を行うと言う効果的なサイクルが生み出されているのです。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN