Gnosisはクラウドセールをリリースしています

グノーシスは分散型予測マーケットのプラットフォーム

グノーシス(Gnosis)はイーサリアム・ブロックチェーンにおいて開発されている分散型予測マーケットのプラットフォームです。
分散型予測マーケットはブロックチェーンを利用することによって、胴元を仲介しないで結果や配当などをすべて自動で行うことができます。
世界でも効率的な予測ツールを構築することを目的にしていて、質問に対する回答にインセンティブを活用させるカスタマイズされた検索ツールを作ったり、予測資産の基準を作り、クラウドセールをリリースします。

Gnosisの内容

Gnosisは参加者の利用しやすいように、BTCやETH・他のアルトコインなどの参加が可能です。
GNOやWIZなどの優位性を維持するためさまざまな規制があります。
GNOは他の仮想通貨と交換することができるGNOSISの総発行枚数が制限されていて、WIZを作成するための燃料になります。
WIZを作成するためロックされていて、指定した期間中はWIZを作成しますが、期間が過ぎると自由に売買したり譲渡することが可能です。
WIZを作成する規制はロック期間の以外なら何度でも作成することができます。
WIZはGNOSISで利用される通貨1ドルに固定レートされていて、WIZはGNOから作られます。
WIZは手数料支払って、マーケットを作成するなどのGnosisで使用される通貨です。

三層構造

プラットホームはイーサリアム・ブロックチェーンにおいてコアやサービス・アプリケーションなどの層から成り立ちます。
第一層であるコアはイベント・トークンを作成したり、マーケットメカニズムやオラクル、管理インターフェイスをリリースします。
コアは無料で利用することが可能です。
第二層であるサービスはコアにおいて追加サービスを提供したり、WIZで支払う取引手数料を使用しています。
現在、実装機能はステートチャンネルを実装したり、ボラティリティのない安定性のある通貨や、新しいマーケット・メカニズムを構築したりしています。
オープンソースでのテンプレートアプリケーションを構築したり、アプリケーションに関するカスタムツールやオラクル市場ななどのサービスも構築することが可能です。
第三層であるアプリケーションは、ユースケースやクライアント向けのアプリケーションで、主にフロントエンドに活用される層で、チームによって作られたり、外部の予測マーケットのアプリケーションを作ろうとする開発者たちによって構築されています。
第三層によって賭けたり、追加料料金を付加したり、広告の収益モデルや情報販売・マーケットメイクなどのいろいろなアプリケーションを稼働することが可能です。

Gnosisの将来性

Gnosisは時間におけるコストを予測マーケットへ導入するスピードを抑制するポイントと考えていて、デフォルトによって集中管理されており、適切に分散化された制御機能を持つオラクル・ソリューションの設計を行います。
この機能によって分散化の恩恵を受けることができ、オラクルマーケットを通じてリリースされる専門的なサービスなので、スピーディな結果報告を実行することができるでしょう。

Gnosisは分散型予測マーケットのプラットフォームで、分散型予測市場に関して世界中の人が注目しており、将来性が感じている人は多くいます。
将来的にどのような展開をしていくのか注目されていて、価格は適切に推移していて、その時価総額は20位から30位くらいをキープしているそうです。
但し、運営側が保有する分を含めると4位から5位ぐらいになるので、今後ますます期待が高まります。
予測市場には世界中から期待が寄せられていて、多くの資金調達が行えるのではないかと言われています。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN