ファクトムのクラウドセールに興味があるならFactom Japanにアクセスしよう

Factom Japanでファクトムの情報が手に入る

Factom Japan(ファクトム・ジャパン)は、日本での仮想通貨であるファクトムの普及を推進しているチームです。
Factom Japanは「ファクトム」によって承認を受けているオフィシャルな活動で、ファクトムは2015年に公開されており、アメリカで生まれました。
ファクトムはプラットフォームのことで、仮想通貨としては「ファクトイド」と言います。
ファクトムのクラウドセールに興味があるなら、Factom Japanにアクセスすると詳しい情報を入手することが可能です。

ファクトムとは

ファクトムは人気のある仮想通貨の一つで、その理由として個人情報が漏洩するリスクが低いことにあります。
さまざまな情報を費用をかけずに保管することが可能です。
ファクトムはビットコインでのブロックチェーン問題を解決するために開発されました。
手数料やコスト・ブロックチェーンでのデータ量を削減することができる、「ファクトムハーモニー」と呼ばれている新しい施策を行っています。
ファクトムは文書の認証や電子記録・ログ記録などを残すためにブロックチェーン・テクノロジーを採用していて、ファクトムの技術が達成したことによって、証明書が記録されたことを第三者機関などに委託しないで証明することができるようになりました。
このことによって公的な証明書などを維持しなければいけないコストや、従来の証明書に関する問題を解消することができるようになります。
「ファクトムハーモニー」は住宅ローンマーケットにおけるデータ管理にも役立ち、アメリカ住宅ローンマーケットのデータ管理に関して、ファクトムのブロックチェーン・テクノロジーが利用される予定です。

ファクトムの特徴

ファクトムの特徴にはいくつかあり、例えば契約書などの電子データの記録や管理などを第三者が介入せずに証明することができます。
最近では契約書などの機密データに関する管理に多額のコストをかけていて、セキュリティ対策やデータ漏洩を予防するために、第三者の協力が必要でコストもかなりかかってしまいます。
ファクトムはこのような問題を解決する特徴を持っています。
ファクトムを購入するには、他の仮想通貨と同じくまず取引所に登録します。
日本国内では「コインチェック(Coincheck)」という取引所で購入することが可能です。
海外では「Poloniex」や「Bittrex」などがあり、やはりおすすめは「コインチェック」です。
国内で最も多くの仮想通貨の種類を取り扱っていて、簡単に登録することができます。
スマートフォンでも利用することができ、海外の取引所で購入する際もコインチェックに日本円を入金し、ビットコインを購入し、ビットコインを海外取引所に送金するという方法もあります。
取引所の登録が終わると、日本円を取引所に入金しましょう。
入金は指定銀行に振り込めば良く、コンビニで支払ったりクレジット払いを選択することが可能です。
入金が終わると、取引所で欲しいコインを購入します。
取引所を利用することによって、ファクトムを仲介することもなく売買することが可能です。
代理店などが仲介し購入する方法もありますが、詐欺などのリスクがあるので気を付ける必要があります。

ファクトムの将来性

ファクトムはアメリカ住宅ローンマーケットの管理導入をきっかけに世界中での導入が期待されています。
ベンチャーキャピタルからも評価されていて、多額の出資を受けており、さまざまな企業がファクトムに期待を寄せています。
仮想通貨における問題にはハッキングリスクがあります。
ファクトムを利用することによって、リスクを最小限にすることができ、この大きな利点によってファクトムはユーザーに選ばれています。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN