クラウドセールとは仮想通貨を発行し販売することです

クラウドセールとは

クラウドセールとはICO(Initial Coin Offering)のことであり、新しく仮想通貨を発行し、この仮想通貨を世界中の投資家に対して販売することで、資金調達などを行うことです。
クラウド・ファンディングの新しい形態と言えるスタイルで、クラウドセールは資金調達を行うことを検討している企業やプロジェクトなどは、オリジナルのブロックチェーンにおいてコインやトークンと呼ばれているデジタル資産などを発行したり、これらを販売することによって資金調達を行います。
クラウドセールはICOやプレセール・トークンセールなどと呼ばれていて、コインなどの発行自体は企業や個人など誰でもブロックチェーンにおいて行うことが可能です。
クラウドセールにおいて、イーサリアムと呼ばれているブロックチェーンを選択するケースがあります。

仮想通貨の類型

この発行したコインなどにどのような役割を持たせるかに関して、その発行者が自由に設定することが可能です。
主に2つに分類することができ、通貨タイプと資産タイプに区分することができます。
通貨タイプは「通貨」として流通することを目的にしており、プロジェクトにおける各種サービスを利用するのに使用料として使われたり、「ビットコイン」のようなブロックチェーンの維持などに使用されるものもあり、一般的に「ネイティブ通貨」と呼ばれています。
資産タイプはお金や土地などの所有権を意味するものや特定のコミュニティへの参加権になるもの、プロジェクト収益の分配を受けるなどのさまざまな種類があります。

さまざまな役割を持っているコインですが、発行した後は各取引所の許可があれば売買することが可能です。
クラウドセールを実施した1週間後、各取引所に上場することによって売買がスタートしたケースもあります。

クラウドセールのメリット

クラウドセールを行うことによって、企業やプロジェクトにはいくつかのメリットがあります。
例えば以前は投資家などから資金を集めるため、緻密な事業計画書を作成したり、投資家の元を何度も訪れたり、打ち合わせなどを繰り返すような必要があり、仮に資金の調達にたどり着いても、投資家に株式を提供する必要がありました。
しかしクラウドセールの場合、株式を所有したままで世界中をターゲットに資金調達することが可能です。
コインやトークンの購入者が増えれば増えるほど、ネットワーク効果を期待することができるでしょう。
投資家にとってもメリットがあります。
例えば投資家はリサーチすることが従来不可能だった有望企業やプロジェクトなどに、当初から投資を進めることが可能です。
企業やプロジェクトなどの価値が向上することによって、大きな利益を見込めることができ、少額から投資することができます。
特に個人投資家にとっては投資のチャンスの選択視が広がったと言えるでしょう。

あくまでリスクは自己責任

とはいえクラウドセールにはいくつかリスクも考えられます。
クラウドセールを行う企業やプロジェクトなどに関して、発行したコインが法的にどう扱われるのかについては注意が必要です。
クラウドセールやデジタル資産などに関して、明確な定義が存在しないような国で運用される場合、今後の法における整備の動き方次第では違法になったり規制対象になる可能性もあるので、十分な調査が必要になるでしょう。
一部のクラウドセールで起きている少数の投資家がコインなどを買い占めるようなリスクも存在します。
「ビットコイン」のように所有者が分散していると、そのような影響はあまりありませんが、流通量の少ないコインについては投資家の行動によっては他の投資家がトラブルに巻き込まれたり、コインそのものの価値をダウンさせてしまう可能性を秘めています。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN