トークンセールとはどういうことか

トークンセールとは

トークンセールとは新しい用語で、まだ正確な定義も決まっていないような状態ですが、ベンチャー企業など新しく事業を立ち上げようとしている人が仮想通貨を発行し、それをその企業の将来性に期待する人々に購入してもらうことで会社の設立、運営のための資金を調達することです。

新しい資金調達方法

ただ、この説明ではまだまだ何のことかよく分からないでしょう。
ベンチャー企業など新規事業立ち上げにおいて特に資金調達が必要なことは分かりますが、そこに仮想通貨がどのように絡んでくるのかがよく分かりません。
仮想通貨とはビットコインが最近ニュースでも取り上げられたりしていますからある程度は知られているでしょうが、別にビットコインだけが仮想通貨なのではありません。
毀誉褒貶が相半ばしている状態のビットコインですが、少なくともビットコインそのものの価値はゼロではないことは誰しも認めざるを得ません。
あんなものは信用ならないと言っている人は少なくありませんし、価値の変動が大きいことも事実でしょうが、それでもそれなりの価値を持っているのです。
それが無かったときは当然価値はゼロだったわけですから、何かの価値を新たに生み出したということは厳然たる事実として認めないわけにはいきません。

ビットコインという仕組みを作り上げた人、初期の、まだほとんど世界中の誰にも知られておらず、本当の意味でほとんど何の価値も持っていなかった時代にそれを持っていた人は、今はそれこそ億万長者になっているはずです。
となると、次のビットコインを生み出せば自分もまた同じようになれるかもしれないというのは誰しもが考えることです。
ビットコインのような仮想通貨は、言ってしまえばコンピュータ上のアプリケーションの一種であり、技術的にはそれを真似することは決して難しいものではありません。

新たな仮想通貨

ということで、ビットコインの成功をうらやんで、似たような仮想通貨を独自に発行することで資金調達ができるのではないかと考える人も多くなっているのです。
これは、投資を考えている人にとっても朗報です。
ビットコインは既にある程度評価が固まり、それなりの価格に既になってしまっています。
もちろん普遍的に広まっているとは言えない状態ですから、今後も価格が上昇する余地は十分にあるでしょうが、もしかするとそうでもないかもしれないのです。
何か新しい、まだほとんど誰も知らない仮想通貨を人に先んじて購入するチャンスがないかと考えている人にとってはこれほどありがたい話もあまりありません。

トークンセールは仮想通貨の新規売り出し

トークンセールとはまさにこのような考えのもとで行われる仮想通貨の取引です。
起業家は独自の仮想通貨の仕組みを作り、仮想通貨を売り出します。
そして、その企業の将来性やその仮想通貨の将来性に興味のある人がその仮想通貨を買います。
企業はそこで得た資金を元に事業を運営することになります。
場合によっては、その仮想通貨は単なる仮想通貨ではなく、その企業の経営その他に直接関与できる、一種の株式のように扱われることもあります。
ですから、その企業の業績が向上し、その仮想通貨を持つことで企業経営に関与したいと考える人が多くなれば、当然その仮想通貨の価値は向上します。
株価が上昇するのと似たようなものです。

もちろん、ビットコインがそのような企業経営とは無関係に、世界中の人々の間で現に取引通過として用いられているように、新たに生み出された仮想通貨についても単に多くの人がそれに価値を見出し、実際に自分たちの取引に利用するようになればやはりそれだけ価値は上昇することになるでしょう。
つまり、このような仮想通貨は投資対象としても魅力的だということになるのです。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN