クラウドセール(仮想通貨)2017年現在の一覧

仮想通貨はクラウドセールで購入する

ネット上で取引され、現実社会においてのお金ではない物を、仮想通貨と呼びます。
その中で、通貨自体がセール品として取り扱われ、値引きされているサービスをクラウドセールと呼びます。

クラウドセールの一覧

以下は、ネット上で取引され、実際に2017年現在、クラウドセールにかかっているものの一覧です。

STORJ
これは、ビットコインかイーサリアムでトークンを購入する事ができる仮想通貨です。
イーサリアムでの購入は、取引所のアドレスからは送金できず、MISTなどの専用ウォレットからの購入が必要です。
販売価格は、1STORJあたり、0.5USD、0.00025216BTC、0.004026089057089943ETHです。
CAPは30,000,000USDで達成次第終了です。

Monaco
これは、イーサリアムのアルトコインで、MONACO VISA Cardでサポートされているトークンで買い物ができます。
MCOトークンはイーサリアムで購入できます。
販売価格は、1ETH150~100MCO、現在140MCOです。

Mobile Go
これは、5月25日でセールは終了していますが、既に29億円以上集めている、注目のトークンです。
ビットコイン、イーサリアム、ゲームクレジット、ウェーブ、Antsharesで購入できます。
今後のクラウドセールに期待したいところですね。

ZrCoin
これは、産業用資材の生産に投資するブロックチェーンオプションとなっています。
目標金額は3,500,000ドル、現在1,800,000ドルです。

拡大するクラウドセール

上記はほんの一例ですが、クラウドセールは毎日ネット上で行われており、仮想通貨市場ではかなりの需要となっています。
そのため売買が激しく、急に値が上がったり下がったりします。
ビットコインやイーサネットでの購入を前提とし、取引を希望するのであれば、毎日市場価格をチェックする事をおすすめします。

今人気急上昇中なのが、上記にあげた一覧での仮想通貨になります。
世界中で取引されているため、証券市場と同じような動きをします。
しかし、実際の証券取引と大きく違う所は、ネットのみでやりとりできるという点です。

クラウドセールとはその名の通り、クラウド上(ネットの情報共有サーバー)内での値引きの事です。
それはそれぞれの通貨によって違い、目標とするCAPや値段に達すれば、その時点で取引は終了します。

少しでもお得に、そして人気の通貨を手に入れるためには、このシステムを大いに活用し、取引を有利にする必要があります。
仮想通貨で購入できるとあって、ビットコインやイーサネットの需要も増してきています。
ただし、その仮想通貨での購入のしかたは通貨によっては指定されているので、注意が必要です。

上記にも挙げたように、イーサネットで購入するには専用のトークンが必要になります。
しかし、それを取得しておけば、わりかしどの通貨にも通用するので、1度取得する事をおすすめします。

現実社会でも需要が増加している

仮想通貨は実社会で使用できる通貨ではありません。
それを実社会で使用できる金銭にするために、こういったネット投資が行われているのです。

そのため、ネット上では「商品」と同じような扱いになるので、通貨がセールにかけられる事も違法にはならないのです。
現金を安値で売買するというのであれば、法に引っかかりますが、仮想通貨の場合はそれがありません。
そのため、需要も全世界で増してきており、こういった取引が日々なされているのです。
そして、ネットだけで外貨に換える事もできるという利点もある為、外貨を必要としている方には手っ取り早い取引方法なのです。

しかし、目に見えない通貨だからこそのリスク、投資のしすぎや払い込みがされない、その他トラブルなどにも巻き込まれやすいので、十分注意して行うようにして下さい。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN