クラウドセールを調べるなら一覧サイトが便利

クラウドセールとは仮想通貨のIPO

クラウドセールとは、暗号通貨を用いた新規公開のトークンを購入する市場のことです。
株式市場の新規公開株によく似ていますが、株式市場よりも審査が厳しくないため、様々な企業が自社のプロジェクトを成功させるために、大きく成長させるために、資金調達の手段として活用しています。
クラウドセールは一般的にトークンセールやICOと呼ばれており、世界中でその評判が広がっています。

SNTやZrCoinの他、DAO CASINOなどがICOを活用したことで知られていますが、これらのプロジェクトへの出資は海外だけでなく、日本国内からでもインターネットを通じて気軽に行えます。

トークンは日本からでも購入可能

各プロジェクトの発行するトークンは、取引所を通じて購入できる仮想通貨を用いて取引が行える仕組みです。
イーサリアムやファクトムなどがありますが、ICOの取引で利用できる仮想通貨はイーサリアムが定番です。
日本国内ではビットフライヤーなどで取り扱っています。

好みのプロジェクトが発行するトークンを購入するなら、ICOの一覧サイトの利用が便利です。
募集中のICOがたくさん紹介されており、興味があるプロジェクトをクリックすれば、公式サイトに簡単にアクセスが可能で、そこでトークンを購入できます。
公式サイトを自力で調べる方法では、将来性のある魅力的なプロジェクトのICOを見逃してしまう恐れがあります。
効率よく探すためにも、一覧サイトを活用したいところです。

一覧サイトで情報収集

ICOを一覧にしたまとめサイトとして、日本仮想通貨研究所とトークンマーケット、ICOカウントダウンなどが使いやすいと評判です。

日本仮想通貨研究所はサイトの名称からして日本の企業によるICOだけを集めているイメージがありますが、きちんと海外企業のICOも紹介されています。
日本語で説明が書かれているため、日本人にとって理解がしやすいサイトであるのがメリットです。
利用することによるメリットの他、デメリットに関しても紹介していますから、クラウドセール初心者であれば訪れたいサイトです。

トークンマーケットは、海外のサイトですので英語表記ですが、基本的にICOのまとめサイトはどこも似たような仕組みですので、英語の理解力が乏しくても利用しやすい状態です。
現在公開中のトークンが紹介されており、プロジェクトのアイコンにカーソルを合わせると残り日数が表示されます。
ICOはプロジェクトによって募集期間が決まっていますので、締め切り前にトークンを購入する必要があります。
トークンマーケットの場合はクリックで直接公式サイトに移動するスタイルではなく、詳細ページが表示される仕様になっています。
プロジェクトのフォロワー数やトークンの単位、募集開始日と終了日、コンセプトやプロジェクトチームのメンバー紹介などが細かくまとめられています。
公式サイトへのリンクもこのページ内に用意されています。

ICOカウントダウンは人気のまとめサイトです。
紹介している日本のサイトが多いため、それらのサイトを参考に利用するとスムーズです。
ICOカウントダウンのサイトには各トークンの一覧が表示されていますが、一緒に締切までの日数と時間がリアルタイムなカウントダウン形式で表示されているのが便利です。
プロジェクトのアイコンをクリックすると、公式サイトに移動できます。
また、削除したICOを閲覧できる部分が存在し、これはICOカウントダウンの判断によって削除されたものです。

投資はあくまで自己責任で

クラウドセールは仕組みが簡単で参加しやすいものの、リスクの高い投資であることを理解してから利用するのが重要です。
トークンを購入したプロジェクトが失敗したり、成長しない場合があるため、将来性を見極める努力が必要です。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN