仮想通貨のUMBRELLAを利用したICOのメリットとは何か

仮想通貨の拡大

仮想通貨はインターネット上の取引において非常に大きな効果をもたらしています。
インターネット上における様々な取引はこれまでも行われてきましたが、その際に利用する通貨は現実の通貨であるため、取引を二重に行わなければならないと言う手間が発生していました。
すなわち実際の取引はインターネット上で行われていても、これに対する対価の支払いは実際の送金といった現実的な手法で行わなければいけないため、二重の手間が発生していたのです。
特に実際の送金の日時がインターネット上の取引と異なっていた場合にはそのレートの問題なども発生し利益が変動してしまうといった問題もありました。
仮想通貨を利用した場合にはインターネット上の取引と同時に通貨の引き渡しも行われるため、様々な問題を解消することができます。
また、利用される通貨によってその取引における利益性も向上するため、お互いにとってメリットの大きいものとして近年非常に普及しています。

投資家の視線

ICOは仮想通貨を利用したインターネット上の投資方法で、これが利用される目的に応じて投資家が投資するものですが、投資先が開発する様々な目的を持った仮想通貨の性質により、その投資の目的が大きく異なることがポイントです。
一般的にICOを行う場合には投資家に対して自らの仮想通貨やトークンを配布することが多いものですが、これらが利用できる目的に応じてその性質が大きく変わるため、投資家は投資を行うと同時に投資先の通貨の普及を支援するユーザとしての存在も非常に大きなものとなります。
そのため、利用目的に応じてその使いやすさや社会的意義を評価して投資することが多い投資方法となっています。

UMBRELLAは保険に焦点

UMBRELLAは仮想通貨の中では特殊な目的を持ったものとして注目されており、その目的が明確であるために多くの投資家の興味を集めています。
その目的とは保険の普及です。
これまでの通貨は現実の通貨と同様に様々な目的に利用することが前提となっており、投資家は現実の通貨と同じようにそのレートの変動を持って利益を高めることを目的として投資を行うことが多かったものですが、UMBRELLAの場合には保険の普及と言う明確な目的を持っており、この事業のために必要となる資金を援助すると言う意味合いで投資をすることが明確になっています。
またこの際に配布される通貨やトークンは、保険の普及のためにその利用が限定されているため、投資家自身が保険の普及に貢献する利用者となって事業を後押しすると言う仕組みになっています。

高いセキュリティ

UMBRELLAは非常に強固なブロックチェーンを持っており、Ethereumプラットフォームに準拠しているため、非常に利用しやすい通貨としても高い人気を誇っているものです。
通常のブロックチェーンにおいては様々な用途を想定し交換手段を広げるために逆にセキュリティが脆弱となっている危険性もあります。
そのためブロックチェーンをオープンにすればするほど不正取引といった問題を発生させるリスクが高くなりますが、Ethereumにおけるブロックチェーンは一般に公開された標準的な構造を持ちながら非常にセキュリティが高いと言う安全性を保持しています。
この手法に準じたUMBRELLAは通貨として高い安定性を持っており、かつその汎用度が非常に高いと言うメリットも持っているため、非常に利用しやすい通貨であるといえます。

UMBRELLAにおけるICOは非常に利用範囲の高い投資であるとともに、保険を拡充するための通貨であると言う明確な目的を持っていることから、投資家の間では非常に投資しやすくまた、明確な意義を持った投資方法であるとして近年の電子的な投資の方法の中でも非常に注目されているものとなっています。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN