仮想通貨TOKENSTARSは今話題のICO案件

TOKENSTARSはスポーツを応援

今、仮想通貨TOKENSTARSコインが、ICO案件として話題になっています。
TOKENSTARSは、トークンスターズというカタカナ表記でも親しまれている仮想通貨で、プロを目指しているスポーツプレイヤーを応援しています。

ICOとは

まずICOとは、最近人気が出ている資金調達手段です。
仮想通貨の発行によって必要な資金を調達しますので、購入者を募るという点で新規株式の発行と似ています。
相違点としては、株式が証券会社を通してのみ取引ができるのに対し、ICOでは仲介業者が存在しません。
従って中間マージンが発生しないため、より大きい売却益が期待できます。

TOKENSTARSコインの特徴

そこでTOKENSTARSコインの特徴ですが、若手のスポーツ選手の育成を目的に発行されているため、スポーツファンによる購入者が多い傾向にあります。
応援したいプロジェクトに投資するという意味では、クラウドファンディングと類似しています。
出資者はプロになろうと頑張っている選手をサポートすることで、心理的な満足も得ることができます。
このようなクラウドファンディング的なICO案件は、現在、複数ありますが、不適切な案件に投資すると、利益が出ないこともあるため注意が必要です。

リスクは自己責任

特にマイナー通貨は換金できる取引所が少なかったり、上場する前に削除されてしまったりすることもあるため、投資前に十分検討すべきです。
仮に利益が出なかった場合は、無価値の電子データが残されることになります。
他の投資に比べて利益を出しやすいと言えますが、やはり投資リスクに関する知識は必要です。
またICOは新しいシステムなので、法定位置付けが発展途上でもあります。
現在、中国を除いて政府の介入はありませんが、日頃からニュースに注意を払っておくと良いです。
しかし万が一、取引上のトラブルに遭遇してしまった場合は、専門の弁護士に相談することも可能です。
さらに金融庁のサポートデスクに照会しても良いです。
その点、TOKENSTARSであれば、若手のスポーツプレーヤーを支援するというビジョンがはっきりしており、知名度も上昇中なので安心して投資できると考えられます。

情報蒐集は欠かせない

ただし、ネット上に氾濫するICO情報に関しては、十分吟味して自己判断で購入や売却を行うべきです。
また、通貨を発行している事業主側から見ると、受け取ったTOKENSTARSコインを仮想通貨専門の交換所で日本円に換金することで、資金に充てることができます。
購入者に対しては、プロジェクトがある程度成功した段階で対価となる通貨を支払うことが多いです。
この時、受け取った通貨は、場合によってはすぐに売却せず、価格の高騰を待ってから売ると売却益を上げることができます。
これは差金決済取引と同じ仕組みなので、これまでに商品先物取引などの投資経験があるとその知識が役立ちます。
しかし仮想通貨の値動きは、これまでの投資とは異なる面も多いため、常に情報収集を行い、学習する努力も求められます。
通貨の支払いは、割り当てられたアドレスやウォレット宛てに振り込まれるのが一般的です。
従って、大切な資金を保管するウォレットの管理は徹底すべきです。
その他、保持していると割引サービスを受けられる特典や、回数券のように使うタイプのもの、ビットコインに両替してから決済手段として利用できるものなど、様々な利用方法があります。
今のところ有効期限のある通貨はありませんが、サービスや特典については期限付きの場合もあるため、詳細を知っておくことが望ましいです。
また換金する際に、条件によっては手数料が発生するところもあります。
複数の取引所で比較検討し、最もリーズナブルな手数料のところで現金化するのも良い方法です。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN