魅力的なICO案件の仮想通貨SUNCHAIN

ICOの類型

今話題のICO案件は、魅力的な資金調達手段です。
ただし投資家が受け取るトークンには幾つかの種類があり、クラウドファンディング的な性質の強いものもあります。
最も一般的なタイプが、不特定流通型の通貨で、発行者や利用者同士が比較的自由に利用できます。
通常、登録されている仮想通貨交換所で売却や購入ができ、不特定多数の間で決済手段として活用できるのが特徴です。
次に決められた範囲でのみ使える特定範囲流通型のコインがあり、この場合は事業者のサービスの中だけで利用可能です。
またサービス内の場合に限って、利用者同士で取引もできます。

新たな資金調達手段

このようにICOは、従来のIPOより直接的な利益に繋がり、柔軟性もあります。
これまでの資金調達法としては、銀行からの融資や株式の発行がありますが、ICOは銀行も証券会社も介入しません。
その仕組みは、クラウドファンディングによる資金調達と酷似しています。
オンライン上で幅広い投資家から資金を集めるという点では同じです。
ただし日本円や米ドルではなく、仮想通貨やトークンによって資金を集めるという点が異なっています。
また投資家は事業主からトークンなどが支払われ、受け取ったトークンを利用して、サービスを受けたり現金化したりします。
そのため、ある程度トークンやウォレットに関する知識は必要です。

SUNCHAINの登場

今、知名度が上がりつつあるSUNCHAINコインでも、ブロックチェーンを利用して第三者に流通させることができます。
一方、クラウドファンディングでは、投資家が得た権利を、簡単に第三者に流通させることはできません。
二重譲渡の問題などが絡んでくるため、法的知識も必要です。
しかしICOはまだ法的規制が発展中なので、比較的自由度が大きいと言えます。
さらに入手したコインは、プロジェクトが達成された後も保有することができ、ビットコインやイーサリアムなどのメジャーな仮想通貨に両替することもできます。
また現在、SUNCHAINの販売枚数は115百万枚で、直近のセール価格は36,000satoshiでした。
ビットコイン50万円で換算するなら、これは約180円に相当します。
そしてSUNCHAINの特徴は、ソーラーパネルなどの購入や将来的には電力の支払いなどにも特化していく見通しです。
仮想通貨による公共料金の支払いができる革新的な業者も、少しずつ現れており、話題になっています。
スイスでは、ビットコインによる公共料金の支払いが可能です。
まだビットコインなどのメジャー通貨に限られていますが、今後、世界的に仮想通貨が法定通貨に近い扱いになることも予想されます。

SUNCHAINの先行き

さらに現在、太陽光発電システムによる再生エネルギーの研究が進んでいますが、仮想通貨でエコエネルギーを購入することができる仕組みがあります。
提供している企業はシンガポールのSolarbankersで、ブロックチェーン技術を利用したSolarbankersスマートメーターという仕組みを導入しており、これによって消費したエネルギー量を記録可能です。
実は、このSolarbankersが提供しているプラットフォームがSUNCHAINです。
Solarbankersを使いたい場合は、ビットコインやイーサリアムを購入してから、Solarbankersが提供するSunCoinsに両替するという方法もあります。
パソコン内にSuperWalletという名のアプリをインストールしておけば、簡単な手続きで購入できます。
このSunCoinsは、日本円や米ドルなどの法定通貨に換金することも可能です。
電力を消費しない一般家庭はないため、エコエネルギーに特化したSUNCHAINは今後発展していく見通しです。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN