ICO案件として有望な仮想通貨STEX

STEXというプラットフォーム

STEXコインは、ステックスとカタカナ表記されることもある仮想通貨で、同時に全ての仮想通貨を1か所で保管し、交換することのできるプラットフォームでもあります。

STEXは初めての公的交換所

プラットフォームとしては、ステックスエクスチェンジと言うのが正確ですが、略してステックスと呼ぶことも多いです。
トークン所有者の間では、手数料なしで交換できるという利点もあります。
ティッカーはSTE、ブロックチェーンはイーサリアムです。
さらに総発行100,000,000枚で、募集数は70,000,000枚となっています。
ICO案件としては有望で、これからさらに知名度が上がると予想される通貨です。
このSTEXのプレセールはすでにスタートしており、まもなく終了する予定です。
ステックスエクスチェンジは、マーケットの流動性を高めるというビジョンの元に作られた取引所で、完全に公的な交換所としては初めてのものです。

STEXの特徴

そのため、他の取引所にはない特徴が幾つかあります。
例えば、営業利益の100%がステックストークン保持者全員に均等に分配されます。
また開発に携わったコアチームは3名で、最近新しくアドバイザーのPopov氏が参入しました。
CEOは20年以上のマーケティング経験者であり、2014年にはProValue Trading Academyを創設しています。
さらに証券会社でデリバティブ取引の実績もあり、周囲からも有能な人物と認められています。
またSTEXの創業者の一人であるNick氏は、テクニカルディレクターやアーキテクトのリーダーとしての経験もあります。
またSTEXのコンプライアンスで法務部の重要人物Ivan氏は、危機管理の経験者として、過去10年間バックテスターや分析ツールなどの開発に携わってきました。
こうした優秀な人物の知名度もあり、STEXは認知度が急上昇しています。
ICO案件としては大変魅力的で、投資家の間で話題になっています。

ICOとは

このICOとはInitial coin offeringの略で、仮想通貨やトークンの発行によるクラウドファンディングです。
クラウドファンディングが現金で資金調達するのと違い、暗号通貨によって資金を集めます。
また購入者の側から見ても、法定通貨ではなく暗号通貨によって支払いが行われます。
そのためマイナーすぎる通貨では売却益が出ないこともありますが、STEXはこれから価値が高まる見通しなので、投資案件としては有望です。
またICOをクラウドセールという言い方をすることもありますが、オンライン上で出資者を募るという意味からこのように呼ばれています。
また法的規制が緩いため、中国以外は比較的自由度の高い取引が行われます。
簡単に言えば、ある企業が独自の通貨をプロデュースして、購入者を募るという資金調達法です。
集まったコインは取扱所で売買することで、実際の法定通貨と交換できます。
アメリカを中心に、仮想通貨を法定通貨と同じように考える人々が増えています。
スイスでは公共料金の支払いに仮想通貨の利用ができます。
今度も益々、暗号通貨やトークンの社会的地位は向上していく予想です。
これまでは、企業が資金を調達しようと考えた場合、銀行から融資を受けるか株式を発行するのが一般的でした。
しかし銀行融資には審査があり、他の金融機関によるビジネスローンにもハードルの高い審査があります。
また株式発行によって、ベンチャーキャピタルから資金を募る方法もありますが、多くの場合、資金が集まるまでに数年以上の期間が必要です。
その点、ICOはコインの発行から出資者を募るまでスピーディです。
証券会社のような仲介を通さないため、購入者の方でも中間手数料が発生しないという利点があります。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN