ICOで仮想通貨SKYCOINを購入することができます

SKYCOINは次世代の暗号通貨

近年仮想通貨マーケットは活発化していて、ICOなどのクラウドセールも注目されています。
SKYCOIN(スカイコイン)は次世代の暗号通貨です。
スカイコインはビットコインのようにどのように設計し、実装し、展開されていても解決できないような問題や限界などを解決することができます。
もともと自分が作り出したものを維持したい人のために、交換媒体としての必要性を満足させるたえに開発されていて、予算のハードウェアや低速ネットワーク、サイバー攻撃においても適切に動作できるように、あらゆる可用性が最大限に高められるよう設計されました。

ビットコインとの違い

ビットコインとの違いは、マイニングがないことです。
トランザクションがブロックチェーンによって構築されているので、最小限に抑えることができ、高価なハードウェアを利用しなくても大丈夫です。
プライバシーに関して、IPアドレスが分かるよう接続しているノードだけが表示され、誰でもユーザーの公開鍵のみを知ることが可能です。
コンセンサスは参加することを望むノードによって共同で決定され、ブロックメーカーとなったノードはネットワークを介し、ブロードキャストされたコイントランザクションを観察します。
決定論的アルゴリズムに従い、候補ブロックにパックします。
候補ブロックにあるハッシュをネットワークに対してブロードキャストすることが可能です。
すべてのネットワークノードはハッシュ候補を含んでいるメッセージを受信したり、源検証や不正検出などを実行し、候補に関するデータサンプルを収集します。
データ収集が終わると、ノードは統計的推論テクノロジーを利用して勝者を決定するという仕組みです。
ブロックシーケンス・ナンバーに関して、コンセンサストライアルを完了することになります。
ネットワーキングにおける問題や悪意のあるアクティビティの強さが、特定のレベルの以下になる場合、大多数のノードが勝者のハッシュコードに到達し、ノードはネットワークの残りの部分と比較し、ネットワーク接続の問題によってブロックが失われた場合は、ブロックチェーンに対して再初期化を行うことが可能です。

比較的新しい仮想通貨

SKYCOINはクリプトピアが販売しており、比較的新しい仮想通貨です。
クリプトピアは2014年に設立され、ニュージーランドにある会社「Cryptopia Limited」が運営しています。
取り扱っている通貨数は500種類以上に及び、取引所として最も有名な「Poloniex」や「Bittrex」より多くの仮想通貨を取り扱っています。
その分どうしてもいわゆる詐欺コインが中には紛れていることもあるので、ハイリスク&ハイリターンな取引所とも言われています。
クリプトピアの特徴として、ニュージーランドの会社が経営しており、アルトコインの取り扱い数は500種類以上でかなりの多さになっています。
他の取引所では取り扱っていないような公開直後のさまざまな仮想通貨も購入することができるので、一部の利用者には人気がある取引所です。

メリットとデメリット

クリプトピアにはいくつかメリットがあり、特に500種類以上あるいろいろな種類のコインを購入することができ、取引手数料が安いことで有名です。
紹介制度があるので、上手に利用している人が多くいます。
クリプトピアのデメリットとして、現在英語でしか対応していないので、英語ができないと利用しにくいかもしれません。
たくさんのコインがあり、ほとんど開発が進んでいないような仮想通貨もあるので、きちんと調べたり目利きが必要になるでしょう。
セキュリティが他の取引所よりもやや劣ると言われていて、送金時のトラブルなども時々あるそうです。
運用するには十分な注意が必要でしょう。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN