仮想通貨SENSEは人気のICO案件

ICOとは

ICOとは、新しく仮想通貨を発行して売り出すという意味があり、そのことで大きな資金を調達することが可能になります。
正しくはInitial Coin Offeringと書き、これらの頭文字を取ってICOと呼ばれるようになりました。
例えば株式系のIPOは証券会社が売り出しますが、ICOの場合は、仮想通貨の開発元が取引所と提携してプロデュースするのが一般的です。

株式公開との類似性

簡単に言えば、ある企業がこれまでになかった仮想通貨を新しく発行して、購入者を募って資金を得ます。
発行された新規の仮想通貨は、専門の取扱所で売買ができ、一定条件を満たせば現金との交換も可能になります。
従来の方法では、企業は資金を調達するために、株式を発行して日本円で出資してもらっていました。
一方、ICOは、株式の代わりに独自のコインを発行するのが特徴です。
ただし企業が資金を集めるためには一定の規制があるため、条件に合わなければ発行したコインを現金化することができません。
しかしこのICOは世界的にも認められてきており、今後も広まっていく見通しです。
こうした流れの中で、今、仮想通貨SENSEトークンが話題になっています。
SENSEは、まずチャットでスマートコントラクトを作り、そしてメッセンジャーアプリケーションを利用して、会話中に貢献できるのが特徴です。

Sensayプラットフォーム

現在、最も活用されているのがSensayと呼ばれる人気のプラットフォームで、ユーザー同士が行うチャット会話の貢献に対して、一定のコイン報酬を得ることができます。
このSensayネットワークには、現在300万人前後のユーザーがおり、約2,000万個を超えるSENSEコインが流通しています。
さらにそれぞれのチャット会話は、人間が作ったAIによって、価値が判断されます。
価値が与えられるのは、これまで数値化できなかった知識や経験などです。
またSENSEは分散台帳技術を応用しているため、異なるアプリケーションや違うSNS同士のメッセージ交換にも対応することができます。
SNSのメッセージには、テキストが多いタイプの人や、画像の比重の方が多い人など様々です。
そこでAIは、それらを総合的に判断するような仕組みになっています。
これによって一種類のプラットフォームだけなく、全てのSNSによってコミュニケーションが評価されます。
尚、Sensayプラットフォームは、新しいチャットボットサービスとして人気が急上昇しており、ユーザーの様々な依頼について、的確な人物が対応します。

Sensayの内容

特にピアツーピアの会話で利用されることが多く、SMSベースのサービスに人気があります。
使い方は簡単なので、アクティブな登録ユーザー数は、さらに増加中です。
利用方法としては、Sensayに聞きたい項目の分野や要望を入力し、具体的な依頼内容も書き入れます。
すぐに調査が開始されて、データベース上にあるマッチした人物が紹介されます。
その人物がオンライン上にいれば、チャット形式で質問や相談に対する回答が得られるという仕組みです。
そしてチャットの終了後に互いを評価するというシステムなので、高い評価を得ることで各自の信頼性が高まります。
質問者と回答者の両者が、互いに評価し合うというのも好評です。
評価を落としたくないために、相手に対して不利益なアドバイスをすることもありません。
嫌がらせなどを防ぐという意味合いもあります。
そのためSensayプラットフォームは、多くのユーザーに高い評価を得ています。
さらに、このプラットフォームで行われるチャットに対して報酬が得られるSENSEトークンについても人気が出ており、今後も利用者が増える見込みです。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN