PROOFという仮想通貨のICOについて

PROOFとは

PROOFという仮想通貨がICO(Initial Coin Offering)によって、仮想の通貨の取引所に上場を果たし、取引所にて売買が可能となります。
さて、PROOFとは、どんな仮想通貨なのでしょうか。

PROOFとは、現実や仮想の世界で使われる通貨で、刻一刻と、その貨幣価値が変動していくものです。
購入者は、その価格変動により、利益を上げることができます。
リアルタイム性があるので、市場で刻々と変わっていくタイミングタイミングの価格で取引を行うことができます。
また、再発行される予定がないので、交換を行う中で、価値を安定させることができるようになっています。
再発行が乱立され、価格が暴落するというようなことはありません。
安心して購入をできるように予め仕組みの設計がなされているのです。

PROOFの今後

PROOFは既に4000のアクティブユーザーによって、既存の仮想通貨の市場や現実の通貨の世界で使用をされています。
さて、今回、ICOを果たすことで、今後はよりクラウドの世界で、この通貨の使い勝手が上がったり、現実の世界での使用できる幅が広がることが増えることが予想されてます。
さらに、このように通貨の使用が増えることで、使われている技術の信頼性が高まることで、そのセキュリティー技術も使い道が増えていくことになります。
このセキュリティー技術は、現実世界の実店舗でも使うことができます。
店舗のオーナーは安心して、このセキュリティー技術を使うことができるようになるのです。

また、開発者にとっては、API(Application Program Interface)が豊富に用意されているので、この通貨を使ったシステムを開発することが大変やりやすくなっております。
さらには、アンドロイド版も用意されているので、容易に仮想通貨を交換することができ、近距離無線やQRコードを使っての貨幣のやり取りをすることも可能となっています。

リスク分散

将来の出来事に対して、人は不安を抱くものです。
様々な出来事が起き、その不安が出てくるものです。
人間が計画した通りに必ずしも物事は、進まない物です。
特に金融の世界では、そのような不安が多くあります。
その不安を取り除いていくために大事なことは、より不安要素を分散化させてリスク要因を減らしていくということが大事になってきます。
これらの将来の対策として、新しいオプションとして、このような仮想の通貨が今後ますます対応していくることが予想されます。

PROOFの将来性

そこで、具体的な解決策としてでてくるのが、コンピューターの世界で、生成された、信頼性の高い仮想の通貨ということです。
AMP(Assuarance Market Protocol)という堅牢性の高いプロトコルが使用されており、このAMPを使用することで、安全安心な仮想通貨を実現しております。
AMPは、まだまだ開かれた世界で使われているものでは、ないですが、PROOFでは、この世界をどんどん拡大していき、様々なアプリケーションで使えることを目指して行き、仮想の世界に止まらず、現実の世界でも使用できる範囲を狙っていくのです。
ユーザー側から見た変化はこのようなものが、ありますが、使われる側のクラウド上の店舗や現実世界の店舗のオーナーにとっても新たな購買の手段が増えることで、購買が増えることを期待できることや、簡単にデジタルの貨幣を高いセキュリティー技術を持ちつつ使えるようになるというメリットがあるので、全てのプレーヤーがウィンウィンの関係になる新たなビジネスモデルを構築することが可能となります。

また、金融投資の新たな手段として、株や債券等だけでリスク分散をしていた投資家にとっても新たな投資先が増え、リスク分散をすることができるようになります。

このような様々な可能性を秘めたPROOFは今後も注目です。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN