ICOBOXはICOを束ねるプロジェクトで仮想通貨をチェックしています

ICOBOXの内容

ICOBOXはICOを束ねるプロジェクトで、通貨単位はICOSです。
ユーザーはICOBOXの企業審査によって厳選された良質な企業からICO、いわゆるクラウドセールを選ぶことができ、発行されるトークン(ICOS)を通じてクラウドセールに参加したり、購入すると対象企業のトークンを割引で購入できる特典を利用することができます。
厳選された企業の開催カタログや、お得に参加することができるクーポンを同時に利用することができるのがICOBOXのトークンです。

ICOとは

ブロックチェーン開発が活発になっている海外では、クラウドセールの催しがかなり頻度で開催されています。
ICOはInitial Coin Offeringのことで、新規のコインセールの意味があり、クラウドセールとも言われています。
各企業やプロジェクトなどが開発するプラットフォームの流動通貨であるトークン(仮想通貨)を売り出すことによって、企業はスピーディに開発資金を入手することが、参加者は出来立ての未公開コインを取引される前の原価で購入することが可能です。
いわゆる先行限定セールのことを指し、基本的に株式におけるIPO、いわゆる新規公開株や新上場株式と同じようなもので、取引所において公開された時の初値が公募価格を超えることが多くあります。
仮想通貨の世界では通貨の価値は右肩上がりになっていて、海外のブロックチェーンを開発する企業はクラウドセールを開催していて、コインの価格が上がると予想する購入者は多量のコインを購入するので、一時期高騰する時期もありました。
インターネットを利用して資金調達を行うので、利用者は自宅のパソコンを使って気軽に参加することができ、開催者も参加者も低コストで利用することができる資金調達の新しいシステムとして注目されています。

リスクは自己責任

対象企業を投資しても大丈夫かどうかを調べることは大切です。
日本から海外のクラウドセールに参加する場合、企業やプロジェクトの開発に関するホワイトペーパーやロードマップなどをきちんと読み、英語が多いですが日本人の参加者が多いと有志で翻訳していることもあります。
クラウドセールにおけるリスクを完璧に回避することは難しいですが、用心にこしたことはないでしょう。

ICOSはお墨付きを与えるプロジェクト

ICOSはクラウドセールに参加する人たちを詐欺などから保護するために作られたもので、信頼できるクラウドセールを調査したり、束ねたり、お墨付きを与えるようなプロジェクトです。
クラウドセールを開催したい企業は特定のブロックチェーン(mijin)から導入しなければいけないCOMSAと違って、ICOBOXは利用者にとって信頼することができる企業やプロジェクトを厳選します。
クーポンを発行するのですが、海外らしい自由なシステムの印象があります。
もしICOBOXが詐欺まがいのクラウドセールを紹介してしまうと、ICOBOX自体が存続することが難しくなるので、きちんと監査に励んでいます。
きちんと認定されたものがクラウドセールに参加すると、 企業やプロジェクトの質は高まったり、利用者も詐欺案件にひっかかる可能性も低くなるでしょう。

イーサリアムやビットコインなどで参加する人に比べると、トークンをかなりの割引で購入することができ、他のコインと比べるとトークンボーナスがかなり高いです。
クラウドセールは世界中の人が新しい投資として注目を浴びています。
クラウドセールを購入する前にいくつか候補をしぼり、企業やプロジェクトなどのホワイトペーパーや、インターネットにおける情報など参考にしながら、投資する価値が本当にあるのかないのか、事前にしっかりとチェックすると良いでしょう。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN