仮想通貨ICO案件の紹介-FLYP.ME

FLYP.MEは仮想通貨取引所のプラットフォーム

FLYP.MEプロジェクト内容は、分散型(非中央集権型)仮想通貨取引所のプラットフォームの構築です。
一般的に銀行や仮想通貨取引所・販売所では、最初に取引(両替または交換)を行う通貨を自分の口座に入金する必要があります。
口座内に移動した資金は運営会社によって管理されます。
この間に銀行や取引所に預けられている資産が盗難の被害に遭ったり、会社の関係者によって着服されると、預金者の資産が失われてしまう事になります。
取引所であれば交換する通貨のレートが定められますが、運営会社が有利になるようにレートが人為的に操作されないとは限りません。
銀行や取引所のアカウントにお金やコインを預けてたり、両替や交換サービスを利用する時は自分でお金を管理することができません。
預金者の資産が安全に保たれるか否かは、運営会社の人の信用に依存しています。
従来型の銀行や取引所では、預金者が預けた資産は運営会社により中央集権的に管理されます。

安全な管理

ブロックチェーン技術を活用すれば、秘密鍵を持つコインの持ち主は誰の信用にも依存せずに安全にブロックチェーン内に自分の資産を安全に保管することができます。
ブロックチェーン内の取引情報は人為的に書き換えることが不可能なので、銀行や従来型の電子マネーのように信用ができる運営会社や管理者を必要としません。
ビットコインやその他の仮想通貨はコインの保管に関しては非中央集権的なシステムが採用されていますが、他の通貨と交換する場合には取引所を信用して、自分の資産の管理を一時的に運営会社に一任する必要がありました。
従来型の中央集権的な取引所を利用する場合には人間の信用を必要とするため、交換サービスを利用する際は対価として高額の手数料が徴収されます。

分散型(非中央集権型)の取引所

最近はブロックチェーン技術を活用することで、人間の信用を必要とせずに仮想通貨の両替ができる、分散型(非中央集権型)の取引所が注目を集めています。
従来の取引所であれば、売買注文に関する情報は運営会社が一元的に管理していました。
理論上は運営会社の人間が不正行為を行えば、顧客に不利なレートを設定することも可能です。
これに対して分散型取引所では改竄が不可能なブロックチェーンに取引情報を記録するため、人為的に不正行為を行うことができません。
利用者は取引所の管理者の信用に依存せずに、売買取引を行う事が可能になります。
利用者は仮想通貨の交換(両替)を行う直前まで自分で秘密鍵を管理することができるので、セキュリティー上のリスクが存在しません。
分散型取引所の仕組みは人間の信用を必要としないため、従来型の取引所よりも手数料が非常に安いというメリットもあります。
FLYP.MEのプロジェクトでは、ブロックチェーン技術を活用した非中央集権的な仮想通貨交換サービスのプラットフォームを立ち上げる予定です。

FLYP.MEのトークンセール

FLYP.MEでは事業資金を集めるために、2017年7月10日から10月21日かけての期間中にICOでトークンセール(FYPトークン)が実施されています。
FYPトークンはイーサリアムのスマートコントラクト上で発行(ERC-20)され、イーサ(ETH)やその他の通貨(BTC・LTC・DOGE・DASHなど合計12種類)で出資を行います。
トークンの販売価格は1ETHあたり4800FYPで、イーサリアム以外の通貨で支払う場合には、「MyEtherWallet」などのイーサリアムのトークンを受け取ることができるウォレットを用意する必要があります。
トークンセールの期間中は、早くトークンを購入すると割引特典が適用されます。
FLYP.MEのプログラムが成功すれば、保有するトークンに応じて配当を受け取ることができます。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN