仮想通貨FLIKを使った資金調達ICO

ICOとIPO

今話題の仮想通貨を使った資金調達方法を、Initial Coin Offering、略してICOと呼んでいます。
ICOのニュースもよく見られるようになりましたが、同じく資金調達手段のIPOと概略は似ています。
IPOとは新規公開株のことで、大手証券会社が幹事として売り出した株を購入するという投資法です。
一方、ICOでは、幹事となる証券会社のような存在がありません。
特定の金融機関に限らず、誰でも資金調達ができるのが特徴です。
ただし仮想通貨取引所で売買を行うには、一定の条件を満たしている必要があります。
しかしIPOについての基準よりもハードルは低く、事業者がルールを比較的自由に設定できます。

FLIKのICOの事例

例えば、最近の人気仮想通貨FLIKを買うメリットには、資金を直接的に作ることができるということがあります。
株などの金融商品は証券会社を通して取引する形ですが、幹事を務める証券会社を通さないため、手数料を低く抑えられます。
その結果、大きな売却益を期待できます。

それには知名度が上がる前に仮想通貨を購入し、高騰を待つというやり方が考えられます。
株でも上場する前の価格で買い、上場後に売った方が得をします。
仮想通貨もこれと同じで、マーケットに流通する前の比較的安い時に購入することで売却益を狙えます。
ただし取引所を通さずにICOで通貨を購入する場合、詐欺的な通貨の可能性もあるので注意します。

リスクも存在する

FLIKは信頼できる仮想通貨ですが、ICOに記載された通貨であっても、上場することなく消えてしまうことがよくあります。
このように上場されなくても違反になるわけではなく、そのため大切な資産を失った投資家もいます。
ICOのルールはまだ発展中なので、記載だけして資金を集めるというタイプも少なくありません。
従ってどの通貨に投資するかを、慎重に考慮する必要があります。
特に初心者は、記載されていれば上場すると思って投資しないことが大切です。
サイトによっては、これから上場するかもしれない通貨の情報を提供している場合もありますが、その情報を信頼して投資するかどうかは、個人の自己責任となります。
さらにブログマガジンやメールマガジンによる情報配信もあり、日本語に対応していないサイトまで含めると、様々な情報がオンライン上に発信されています。
いずれの場合でも100%確実な予想というものはないため、よく考える必要があります。
一方で、購入後に上場して高騰した結果、多くの資産を得た投資家もいます。
情報収集を行う中で、正しい判断が行えるようになればプロの投資家と言えます。

FLIKトークン

さてFLIKトークンですが、これはエンドツーエンドのエンターテインメントエコシステムです。
例えば従来の映画制作では、資金調達手段として、銀行などの金融機関が介在するプロセスが必要でした。
その結果、ドラマ番組などの資金調達には、数年近い年月がかかりました。
しかしFLIKは、プロデューザーとクリエイターを結び付け、スピーディに資金を調達します。
プラットフォームとしては、FLiKプラットフォームを使い、プロジェクトをレンタルしたり購入したりすることが可能です。
ジャンルとしては、エンターテイメント系の通貨と言えます。
特に配信プラットフォームはクリエイティブに特化しており、他のプラットフォームと違って利益の98%程度を維持できます。
ちなみに一般的なプラットフォームでは、取引手数料として利益の10%から20%がかかるのが相場です。
プラットフォームの中で資金を提供し、撮影や配信、さらに支払いまでできるというシステムです。
今後もシステムは開発と改善を繰り返し、さらにユーザーにとって使いやすくなる見通しです。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN