EVENTCHAINの仮想通貨としての価値とICOに参加するメリットについて

EVENTCHAINはイベント向け仮想通貨

EVENTCHAINはイベントに使用することを主な目的とした仮想通貨です。
最近ではインターネットでイベントチケットを購入することも非常に多くなり、この際の代金の納入方法やチケットの入手方法については非常に煩雑な手続きを必要とすることも少なくありませんでした。
スマートホンの電子ウォレットなどの普及によりチケットが電子化され簡単に利用できるように進化されていますがその購入については引き落とし等の手続きが必要になり、販売業者は高い安全性を求めるためにクレジットカード等の使用に限定すると言うことが多くなるため、その購入については様々な問題の発生することも少なくありませんでした。
これらの問題を解消するために、仮想通貨を利用してチケットと通貨を交換することで取引を簡潔にし、多くの人が購入できるように開発されたのはEVENTCHAINです。

EVENTCHAINの技術的側面

EVENTCHAINの構造は基本的にはその他の仮想通貨と同様、イベント利用目的としたブロックチェーンにより構成されています。
ブロックチェーンの中にイベントチケットの導入に関する場合のみ使用すると言うチェックを組み込むことで、その他の取引に利用できないようにロックされているほか、現実通貨に変換する現金化に関しては俺の許可されていると言うことが大きなポイントです。
さらにそのブロックチェーンは非常に偽造に強いEtherumを使用していることで、悪用されるリスクが低く安心して利用できるものとなっています。
Etherumは最近の多くの仮想通貨に利用されているブロックチェーンで、暗号化された通貨を分解してネットワーク上に分散させることで安全性を保つと言う手法です。
通貨本体を分散させるため偽造を行う際にはその通貨本体を集めるための鍵を見つけなければならず、これは従来の暗号化を解除するための秘密鍵を見つけるよりも非常に困難であるため、移動されるリスクが低くなると言う方式です。

高いセキュリティ

さらに万が一本体自身を全て見つけることができた場合であっても、これらは全て暗号化されているため、これを通貨として利用するためにはするのには暗号を解読するための秘密鍵を見つけなければいけないと言う二重の解読が必要なため、その偽造が困難と言う利点があります。
そのため、電子チケットなどを購入する場合においてはその取引を確実に行うために非常に便利なものとなっています。

投資家からも高い評価

EVENTCHAINのICOについてはその用途が非常に特殊であるため一般的な仮想通貨に比べ高い人気を誇っているものではありませんが、それでも偽造に対する強さや、音楽イベント等において非常にメリットが高く、電子チケットの普及についてもこれを促進するような要素となること、さらには現実の通貨に関係するような非常に様々な用途において普及する要素があることなどからその機能性が高く評価されており、比較的多くの投資が集まっているのが実態です。
基本的にICOにおいては投資家は投資の見返りに投資先の通貨やトークンを利用できる権利を与えられるため、その用途が広い通貨に多くの投資が集まる傾向があり、目的が限定される通貨に対しては一般的にあまり投資がつまらない傾向があります。
特にイベントチケットの購入といった特殊な用途に限定されるものについてはICOは非常に苦戦すると予想されていましたが、EVENTCHAINにおいては電子ウォレットとの連携性が高く評価されており、音楽イベントに限らず様々な電子チケットやその他の電子ウォレットを利用する用途に効果的に利用できる評価されている面があり、多くの投資家の人気を集めている実態があります。
そのため、ICOに参加する投資家が比較的多く、今後の普及が期待される仮想通貨となっています。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN