仮想通貨のDOC.AIは信頼できるICO案件

DOC.AIは会話型AIプラットフォーム

最近、知名度が急上昇しているのが仮想通貨DOC.AIです。
カタカナ表記ではドックエーアイと書きますが、DOC.AIは生命科学や生物学などの研究に特化した、会話型AIプラットフォームでもあります。

科学と医療分野向けの仮想通貨

最先端の技術により、自然言語対話システムが可能になりました。
主に生物や薬学系、さらに医学領域向けに作られているのが特徴で、薬理ゲノミクスやゲノム、遺伝子データ、DNA解析などを得意とします。
さらに解剖学データや血液学についてのデータベースも充実しています。
このプラットフォームを活用すれば、誰でも医学系データの利用が可能です。
またネットワークに接続して、AIを呼びだせば、様々な疾病に関する相談もできます。
この分散型の人工知能プラットフォームは、経験を蓄積していくため、利用されるほど進化します。
尚、ティッカーはNRN、ブロックチェーンは有名なイーサリアムです。
イーサリアムはビットコインに次ぐ認知度があり、時価総額は約2兆3500億円です。
ちなみにメジャー仮想通貨のビットコインは、約4兆4000億円となっています。
さらに近年、イーサリアムの価値が大きく上昇し、これまでの価格のおよそ24倍程度価値が高まっています。
仮想通貨取引所での流通量も多く、決済サービスがスピーディなのも好評です。
将来性もあるため、イーサリアムで積立投資している人々もいます。
さらに、このイーサリアムブロックチェーンを使っているDOC.AIも流通量が増えており、合計トークン供給は直近で、860,000,000NRNとなっています。
目標は約3,000万米ドルで、ICO案件としては非常に有望です。

当事者からの高い評価

医学や病理学に興味のある人はもちろん、医師や薬剤師などに高く評価されています。
応援したいビジョンやプロジェクトに投資するという意味では、ICOはクラウドファンディングと似ています。
ただしICOは、法定通貨ではなく、仮想通貨で資金調達するという点が異なります。
そのため企業にとっては短期間で資金が集まり、さらに出資者にとっても比較的早く収益が出ます。
さらに出資者は、プロジェクトが成功してほしいというモチベーションを持てるのが特徴です。
そして成功すればその通貨の認知度も上がり、それに伴って時価も高騰します。
また新規株式公開による資金調達手段では、証券会社という仲介が存在しましたが、ICOの場合はそうした仲介業者がいません。
その結果、手数料が低くなり、その分大きな売却益が見込めます。

有望な投資対象

さらに上手に投資するなら、例えばプレセールで時価が安い時にトークンを購入し、上場して急騰した時に売却します。
その他、メジャー通貨に両替し、その通貨が高騰した時に売るという方法もあります。
投資家によっては、複数の仮想通貨間で売買を繰り返し、差金決済によって収益を上げている人もいます。
その中には株式投資経験者も多くいますが、暗号通貨が初めての投資だという人も少なくありません。
ただし全ての新しい仮想通貨が高騰するという保証はなく、上場前に消えていくコインも実際にあります。
その点、DOC.AIは、医学や生命科学の領域で社会貢献するというビジョンがはっきりしている案件です。
またDOC.AIは、ブロックチェーンを基盤としたソーシャルマーケットプレイスでもあります。
マーケットプレイスとは、オンライン上で、企業や一般個人が商品やサービスを取引できるマーケットのことです。
DOC.AIの場合は、主に医薬品の購入や会話型AIによる医療相談が扱われます。
医師や研究者同士の情報交換の場としても有効です。
今後も医療技術の発展とともに、ドックエーアイの価値も高まっていくと予想されます。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN