BLACKMOONのICOに参加するメリットと仮想通貨としての価値

BLACKMOONの特異性

BLACKMOON仮想通貨の中では非常に特殊な存在として注目されています。
一般的に仮想通貨はインターネット上の取引をスムーズに行えることを目的として開発されており、その取引の種別において様々な特性を持って開発されることが多いものですが、BLACKMOON仮想通貨と現実通貨との橋渡しをする目的で開発されており、特に現実通貨との交換においてそのメリットを発揮するように作られているのが大きなポイントです。

仮想通貨と現実通貨

インターネット上で取引を行い仮想通貨を利用する場合、取引自体はインターネット上で完結しますが実際にその通貨を利用しようとする場合には現実通貨に交換することが必要です。
しかしこれらの通貨の中には現実通貨に交換する取引所が非常に少ない場合も多く、高い利益を上げた場合であっても現実通貨に交換できずにその効果的な利用ができないと言うケースも少なくありません。
現実通貨の場合にはその交換に関する窓口が世界各国の様々な場所に用意されていますが
仮想通貨の場合にはそれぞれの種類が多くまたその構造が複雑であるため、交換に関する手順が確立されていない面もあり交換できる場所が非常に少ないというのが大きな問題となっています。

BLACKMOONは現実通貨との交換を容易にするために開発された通貨で、その交換所を広げることで容易に交換できるようになっています。
またその他の仮想通貨との交換も非常に容易にできるように考慮されているため、現実世界と仮想世界との通貨の交換の橋渡しをする通貨として多くの投資家に注目されています。

投資家の熱い視線

そのため、BLACKMOONICOに投資を行う投資家は非常に多く、開発当初から予想を上回る投資を受けており、さらにICOに置いてBLACKMOONを手にする投資家も非常に多いことからその普及も加速度的に促進しています。
これまで多くのインターネット上の取引におけるリアルタイム性を重視して開発されてきたこの種の通貨において、あまり考えられていなかった現実形の交換と言う点に着目し開発を行っていることで、その利用範囲が非常に広くまた標準的な要素を持ち合わせていると言う点が多くの投資家に評価されているのです。

基本的な構造はその他のインターネット上で利用される通貨と同様、強固なブロックチェーンと高いセキュリティを保つための分散構造により他の通貨と遜色のない秘匿性を維持し、その上で構造をシンプルにすることで現実通貨との交換における利便性を維持している点が大きな魅力となっています。
一般的にこれらの通貨はインターネット上の取引を主として考えているため、高いセキュリティレベルを維持している反面、構造が複雑になりやすい傾向にあり現実通貨との交換においては非常に特殊な技術を利用しなければならないことが少なくありません。
これが現実通貨との交換を妨げる大きな要因となっており、取引所の開設が大きく遅れている要因ともなっています。
BLACKMOONはこの問題を払拭するために開発された側面があり、インターネット上での取引に利用しやすい構造を持っていながら、現実通貨との交換に置いても非常にこれを行いやすいというメリットを持っていることが大きな特徴となっています。

高い将来性

通常ICOに投資を行う投資家が評価するポイントは、その通貨が将来的に普及するかどうかと言う点にあります。
通貨が普及することで他の通貨との競争力を高めそのレートが高まることで投資を行った投資家は大きな利益を得ることができるため、その普及性を大きく予測することが重要になります。
その意味ではより用途の広い通貨に多くの投資が集まる傾向があり、現実通貨との連携性を重視したこの通貨においては多くの投資が集まっているのです。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN