コムサはICOをサポートするプロジェクトを行うそうです

COMSAの登場

ICOは、何かのプロジェクトの資金を仮想通貨で集める仕組みです。
そして、投資家がプロジェクトに投資した仮想通貨の対価は、プロジェクトを行う企業や組織が独自に発行するトークンと呼ばれるものです。
コムサ(以下COMSA)の場合は、仮想通貨の申し込み時点でのUSドル建てレートでトークンであるコムサを購入できます。
また、取引所のZAIFが発行するZAIFトークン建てでCOMSAを購入すると特典が得られることもあります。

COMSAへの参加の意味

実際にICOに参加するには、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を所持していなくてはなりません。
そのためには、ZAIFなどの取引所に口座を作って、日本円やUSドルなどの既存通貨を入金します。
そして、既存通貨で仮想通貨を購入するのが普通です。

COMSAの場合は、事前登録してある人のみトークンが購入できます。
そして、トークンの販売期間内に発行されるトークンのみが流通することになっています。
よって、トークンの発行上限は販売期間内に発行された量になります。

これは、将来においてCOMSAのトークンが品薄になりますと値上がりが期待できます。
また、COMSAの他のプロジェクトが立ち上がる時には、COMSAのトークンが利用されるようになるそうですから、品薄は十分期待できるでしょう。

COMSAの機能

さて、COMSAのプロジェクト内容ですが、大きな柱は3つあります。
1つはICOソリューション、次がトークンソリューション、そしてワンタイムスマートコントラクトです。

最初の柱は、仮想通貨で必ず使われるブロックチェーンの導入をサポートして、他のプロジェクトのICOを成功させる事です。
すなわち、仮想通貨に慣れていない企業や組織でも、COMSAを利用すれば仮想通貨建ての資金集めが可能になります。

2番目の柱は、トークンの取り扱いをサポートするものです。
発行されたトークンは取引所で取引されませんと流通しません。
そのため、COMSAはZAIF取引所や決済に関わる技術を提供するそうです。
そして、発行したトークンは、ビットコインなどの仮想通貨やUSドルなどの既存通貨との交換を容易にできるようなサポートを受けられます。

最後の柱は、ブロックチェーンの技術を使って、契約などを行うためのサポートです。
ブロックチェーンは、分散型のデジタルデータですから、第三者の仲介なしに契約の有効性等を証明できます。
そして、第三者の仲介手数料に比べますと、ブロックチェーンを使った契約は圧倒的に低コストになるのが特長と言えます。

仮想通貨取引の普及を目指す

結局COMSAが目指すものは、仮想通貨やブロックチェーンの技術に疎い企業や組織でもICOがやりやすくなることでしょう。
今は低コストなICOによる資金集めが急激に増えていますので、これに興味ある企業なども多いと思われます。
そして、発行したトークンの取り扱いのサポートも受けられますので、立ち上げようとするプロジェクトに集中できるでしょう。
また、契約等をブロックチェーン上で行うという技術は、これから増々拡がりを見せることでしょう。

もう1つ、プロジェクトの内容を公開する時に使われるものにホワイトペーパーがありますが、こちらは慣れている人でないときちんとしたものが作れないと言われています。
そして、大金を投資する人はホワイトペーパーを丹念に読みますので、これがいい加減でしたら仮想通貨による資金集めは頓挫しないとも限りません。

COMSAは専門家集団ですから、資金集めが容易になるホワイトペーパーの書き方等のサポートも期待できます。
なにしろ、技術的には難解な仮想通貨ですから、様々な落とし穴から守ってくれるCOMSAのサービスは魅力があるのではないでしょうか。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN