ICOの仕組みとクラウドファンディングとの違い

ICOのメリット

ICOは仮想通貨を用いてインターネット上で投資を募る方法ですが、その投資の対価としてその会社が発行する仮想通貨やトークンを提供されることが多く、原始的な取引が行われることで最近話題の投資方法となっています。
そのメリットは投資が仮想通貨で行われるためにすぐにその投資効果が投資を受ける側に現れることや、自社が発行する仮想通貨やトークンでその対価が支払われることから、自社の仮想通貨やトークンが普及するきっかけを生み出す事ができるためビジネス上においても非常に有益な効果を示すことができるという点にあります。
しかしその反面、その会社の仮想通貨やトークンが電子商取引の上で優位性を持っているような状態になっていなければ投資が集まることが少なく、またその事業性についても一般の投資に比べ厳しく評価されると言う側面があります。

仮想通貨の強み

しかし、ICOは現代の仮想通貨が普及する社会においては非常に効率の良い投資方法とも言われています。
その理由は一般の通貨に比べその価値の変動性が少ないことや、株式のように外的要因により大きくその価格が変動するということが少ないことになります。
仮想通貨は様々な外的要因によりその価値が変動することを避けるため、 その通貨を生成するためのブロックチェーンにおいて価値が変動しにくい様々な仕組みを用いており、また無作為に通貨が生成されることを防ぐための仕組みも用いられていることからその価値が安定しており、投資を受けた側についても安定した価値の中で有効に利用することができると言うメリットがあります。
一般的な投資の場合には現実の通貨を利用することから様々な要因による変動が激しく、その運用についても非常に難しい面があり経営上の様々な対策を行わないと効果的な運用することが難しいものです。
さらに現実の通貨の場合には取引上の手数料などの様々な費用が発生するケースもあるため効果的に投資を運用する事はなかなか難しいものとなっています。
そのため、インターネットの世界で取引をする場合には仮想通貨を効果的に用いたICOなどを利用する方が効果的に行うことができるようになっているのです。

クラウドファンディングとの違い

インターネットを利用した投資にはクラウドファンディングがありますが、クラウドファンディングは基本的に現実の通貨で行うことが多く、その投資において様々な手続きが必要になることが多く、インターネットと言うスピーディーのツールを使って投資を募っているにもかかわらずこれらの手続きに手間がかかるために実際にはスピード感のない取引となってしまうことも少なくありません。
さらに投資をしてくれた人に対する対価として提供するものが自社の商品券だったり、あるいは株券であったりと非常に利用範囲の狭いものとなってしまうため、ICOにおいて発行される仮想通貨やトークンに比べその価値が非常に限られた範囲となってしまう点が大きなデメリットとなります。

クラウドファンディングの弱点の克服

クラウドファンディングの場合にはその多くは自らの事業を進めるための資金を募ると言う目的ですが、そのために投資をしてくれる人に大きなリスクを負ってもらうと言う側面が強く、その事業に対して十分に理解してもらうことが重要になるのに対し、ICOの場合には投資に対する対価を仮想通貨やトークンで支払い、これらに対する利用価値を高めることでさらに事業を発展させることができると言うメリットがあります。
そのため、ICOは投資家によってもその事業性を拡大することができると言うメリットがあるのに対し、クラウドファンディングはあくまでも投資家から資金を調達するための手法として利用されることが多く、出資を行う人に対して高いメリットを与えることができないのが問題点となっています。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN