ICO投資のリスクを減らす方法

ICOする企業の登場

最近はベンチャー企業などが新規に事業を始める際に、暗号通貨のトークンを利用してビットコインやイーサリアムなどの現金と交換が可能な仮想通貨で資金を調達するICO(Initial Coin Offering)が世界的に注目を集めています。
従来であれば証券会社を通して新規上場株式(IPO)を販売して資金を調達していましたが、ICOを活用した方が手軽に事業用の資金を集めることができるため、事業を行う企業にとって魅力です。
投資家にとっても、IPO株を購入するよりも仮想通貨取引所で両替を行うだけで少額の資金で簡単に投資に参加することができるというメリットがあります。

トークン投資の可能性

新規に発行される仮想通貨トークンは、もしも事業が成功すれば何倍にも値上がりしたり、巨額の配当金が得られる場合があります。
新規に仮想通貨が発行された場合に、取引所に上場するだけで数十倍~数百倍も値上がりして大きな利益が得られる可能性があります。
事業によってはトークンの価値が数千倍にも上昇するケースもあるほどです。

もちろんリスクが存在する

ICOに出資をして事業が成功すれば元金が何千倍にもなって戻ってきますが、事業が失敗すると元金に相当する分を回収することもできなくなります。
IPOでは上場予定の会社の事業内容が厳しく審査されるため、購入後に損失が出るケースは稀です。
IPOは証券会社によって事業内容が厳しく審査されるのに対して、事業者が独自にトークンを発行して販売することができるICOでは審査が行われることがありません。
このため、投資家が企業が発行する事業計画書を読んで調査を行い、100%自己責任で出資を行う必要があります。
特にベンチャービジネスでは事業が失敗するケースの方が多く、成功して利益が得られる案件はほんの僅かです。
中には詐欺案件や、MLM方式で下位会員から徴収された出資金を上位会員が吸い上げるような悪質商法のような案件も含まれています。
新規に仮想通貨トークンを発行してリップルと交換することを約束しておきながら、実際に交換を申請しても拒否する悪質な詐欺業者も存在します。
このため、仮想通貨トークンは他の金融商品よりもハイリスクハイリターンです。
数件程度の案件に出資を行った場合、全ての事業が失敗してしまうケースも少なくありません。
事業が失敗するリスクを考慮して投資に参加する必要があります。
事業が失敗するリスクを分散させる方法として、より多くの案件に少しずつ出資する方法があります。

リスク分散

数種類の事業に出資した場合には、選択した案件が成功する可能性は非常に低くなります。
これに対して多くの案件に少しずつ出資を行えば、どれかが成功して莫大な利益が得られる可能性が高くなります。
例えば100種類の事業に等分に出資をした場合に、出資した中でどれか1つでも事業が成功して100倍を超えるリターンが得られたら、元金を回収して利益を得ることができます。
過去に出資金に対して千倍を超える利益が得られたような案件も存在します。
薄く広く出資を行うことで、リスクを分散させることができます。

IPOとICO

IPO株式を購入して高い確率で利益が得られる理由として、企業の事業内容について審査が行われていることが挙げられます。
IPO株式が販売される際は会社の経営状況や事業内容について非常に厳しく審査されるため、株式の公開後に値上がりするケースがほとんどです。
ICOについてもIPOと同様に事業内容に対して独自に審査を行ってからトークンを発行する業者を利用する方法もあります。
日本のICOプラットフォームCOMSAでは独自の基準で事業内容について審査が行われるため、海外のサイトを利用して案件を選ぶよりも利益が得られる可能性が高くなります。
審査が行われたような案件に投資を行う事で、損失を被るリスクを低くすることができます。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN