ICOの参加方法はウォレットを作成するなど準備が必要です

ICOとは

ICOはInitial Coin Offeringのことでクラウドセールとも言われており、取引所で公開する前にリリースされます。
新しい仮想通貨を発行する企業やプロジェクトなどによって、資金調達を目的に募集されています。
このような募集行為をプレセールと呼び、IPOでのブックビルディングと同じような仕組みです。

ICOの仕組み

ICOへの参加方法に関して、まず企業は新しく発行する仮想通貨やクラウドセール期間を発表し、同時にクラウドセールが将来性があるかなどをインターネットの公式サイトやホワイトペーパーという書類によって世界中に発信します。
ホワイトペーパーは新規公開株における「目論見書」のようなものです。
各投資家はホワイトペーパーの内容を確認し、投資する価値があるかないかを考え、期間内に申し込みを行います。
一般的に期間は1ヵ月ぐらいで、企業やプロジェクトによって差異があります。
クラウドセールを購入するには募集している企業のホームページにアクセスし、購入する必要があります。
開催情報に関しては「ICO Countdown」などで確認することが可能です。
現在募集中のクラウドセールの一覧や残り期間が表示されています。

イーサリアムの利用

送金は基本的にイーサリアム(Ethereum)を利用することになります。
クラウドソールの多くはイーサリアムを利用していて、定番になっています。
中にはビットコインでも利用することができますが、イーサリアムの方が一般的に推奨されています。
具体的な手順として、イーサリアムを購入することができるコインチェックなどの取引所で、アカウントを作ります。
次に、イーサリアムを管理するウォレットを作成しましょう。
仮想通貨は基本的にウォレットでの管理や送金が原則になるので、イーサリアムを購入したら、ウォレットで必ず管理しましょう。
ウォレットはパソコンにおける財布のようなもので、仮想通貨を管理するにおいて未然にさまざまなトラブルなどを予防することが可能です。
クラウドセールに参加する場合、ウォレットから送金しましょう。
さまざまな種類のウォレットや、イーサリアムに適したウォレットがあり、例えば定番のウォレットとして有名なのが「ブロックチェーンウォレット」です。
世界中に普及しているウォレットで、日本語に対応していて、初心者の人でも簡単に利用することができます。
イーサリアムに適したウォレットとして有名なのが「MyEtherWallet」です。
イーサリアム向けとして「MyEtherWallet」は定番で、こちらも日本語に対応しているので、初めての人はもちろん経験者の方にもおすすめでしょう。
送付機能があるので、クラウドセールに参加する場合に便利でさまざまな機能を利用することが可能です。

クラウドセールのメリット

クラウドセールに参加するのにいくつかのメリットがあり、例えば上昇する前の段階において保有することができるので、投資家として上昇する前のコインを事前に購入することができるメリットがあります。
必ず上がるという保証はもちろんありませんが、将来的に有望な仮想通貨だと、莫大なメリットを手に入れることが可能です。
仮想通貨の世界において、その価値が10倍や20倍に増えるケースがあり、その初動を手にすることができるという大きな意味を持ちます。
ディスカウント金額で購入することができ、その割引方法はいろいろですが、初週が最もディスカウント率が良く、翌週からだんだんと下がっていくので、初週がおすすめです。
ディスカウント率が高いということは投資家からの人気があったり、注目を集めるためでもあります。
投資家からすると、割引金額で購入することができるのでお得です。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN