仮想通貨COMSAの特徴とメリット

ICOプラットフォームのCOMSA

ICOプラットフォームのCOMSAは新たな仮想通貨として注目度が高まっていますが、初心者や素人にとってはメカニズムや名称など、難しく感じてしまうためになかなか理解しにくいというのが現実です。

ICOの意味と意義

まずICOプラットフォームのICOという名称すらも、予備知識のない人にとっては一体何なのかわかりにくいですが、ICOは正式にはInitial Coin Offeringという名称で、頭文字を取ってICOとなっています。
その意味としては簡単に表現すると、株に代わって仮想通貨を発行してお金を集める方法のことで、この方法では通常の株を購入する方法と比較してみると、取引所にネット登録して日本円を入金するのみで、選別の必要などもなく購入することが可能なため、かなり簡単な作業となります。
もちろんインターネットでの利用なため、世界中のどこでも誰でもアクセスすることが可能ですし、企業側にとっても新しい資金調達手段として注目されており、すでに利用している企業も存在しています。

もっとも日本では法律の関係で規制が厳しくこれまでは不可能だったのですが、それを可能にしようとしたのがテックビューロ社が企画開発したCOMSAであり、ICOを望む企業に対するサポートにも対応していますし、発行された仮想通貨の市場の管理もしています。

COMSAの仕組み

このようにICOのメカニズムを開発したCOMSAですが、COMSAそのものがICOを実施して資金調達を実施するため、仮装通貨ことトークンでもあります。
そして日本ではICOできるサービスであるために待ち焦がれた仮想通貨でもあり、発売前から話題になっていました。
その理由としてはICOが可能というだけでなく、他にもメリットが大変豊富という理由もあります。
たとえばCOMSAトークンを持っていれば一般公開よりも先にICOしている企業が優先的に仮想通貨を売り出すケースなどもあり、この場合は一般公開前に購入できることで、公開すれば値上がりが見込めて儲けが出る確率が高まります。
また他のトークンを購入するために使用する際には、5%上乗せするといったサービスなどもあることから、本体そのものも値上がりが期待できるといったメリットなどもあります。
しかしながらこのサービスはセールに参加してトークンを入手した場合のみに可能なサービスであり、その期間としては2017年10月2日から11月6日までとされています。

ちなみに購入する際は、日本円やドルといった一般的なお金以外にも、ビットコインやビットコイン以外のアルトコインであるネムやイーサリアムなどでも購入することが可能で、これらを購入するにはコインチェックという取引所を利用しましょう。
そしてこういった注目度の高まりとともに、一つ注意しておきたいこととして、フィッシング詐欺が横行してきています。
よって登録の際のURLには注意してください。

あくまでも自己責任

最後に注目度の高さとももに、値上がりや儲けにも高い期待ができるCOMSAですが、あくまで仮想通貨であるために、何が起こるか分からないといった部分もあります。
それゆえに他の投資方法同様に、値上がりや儲けを見込んで大量購入したのに、価値が下がって暴落するといったリスクも当然ながら存在しています。
けれども考え方次第で暴落時は逆に買い時と判断することもできますし、一度暴落したからといってずっとそのままということは少なく、上り下がりが激しいことが基本ですので、長期的な視線で見れば資産運用のための方法として最適ですし、これからのIT社会のの中では、インターネット上での取引をメインとするトークンは間違いなく世界中の広範囲に浸透し、利用されていくことになるであろうことは確かです。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN