仮想通貨での取引にあたりコムサ購入は重要なファクターとなります。

新規株式公開への参加方法

最近、仮想通貨での取引の話題がマスコミにて取り上げられる機会が増えてきたように思います。
株式上場の場合は、IPOというスキームにて抽選を行い抽選に当たった投資家のみが株主としての権利を行使できるということになるわけです。
新規に上場する会社の株式を入手したい場合には、まず手始めに証券会社に口座を設け、口座に資金を入金する必要出てきます。
そのうえで入手したい株式の需要申告期間内に自身が欲しい持ち分について申告をするという流れになります。
人気の高い株式であれば需要が集中して、抽選から漏れるというケースも少なくありません。

ICOの登場

最近巷に頻出してきつつある言葉で、ICOなる言葉があります。
正式名称はイニシアル・コイン・オファリングの頭文字をとってICOとなるのですが、海外にて急速に進展した資金調達の手段なのです。
従来の株式上場ですと、公共性の高い証券市場において株式を価値あるものとして流通させるためには、企業が行う事業そのものの評価、将来価値、成長性、持続性、革新性、公共性、財務面での評価等の項目について詳細に審査が行われます。
上場を企図するだけでも、多額のコストがかかり、エネルギーを費やすことは十分に理解できることと思います。

クラウドファンディングという言葉も最近では聞くようになってきましたが、ある企業がひとつのイベント投資を行う場合に、金融機関からの融資ではなく、新株式を発行して資本を募るわけでもなく、広く一般市民から小口の資金を募り、特定の設備投資等のイベントを賄うことをクラウドファンディングといい、新しい資金調達の姿として注目を浴びてきました。

クラウドファンデングはあくまで円やドル等、一般に流通している通貨を集めることで成り立つ資金調達の手法です。
ICOは資金調達をビットコインで行うということで更に資金調達のハードルを下げようとしているのです。
ビットコインは仮想通貨なので、円・ドルと違い一般流通している貨幣ではなく、システムの中で流通し、価値・交換手段が認められている貨幣に他なりません。

コムサへの参加

ICOを行う場合にコムサを所有していなければ参加できません。
ここで始めてコムサという言葉で出てきましたが、円からビットコインを購入した投資家がICOに参加するためには、ビットコインから更にコムサという仮想通貨に換える必要があるのです。

株式のIPOの項目で述べた新規上場の応募に證券口座を開設する必要があるということについて、コムサがICOの場合は同様の役割を果たしていると言えるでしょう。

証券会社の口座を開設することはそんなに難しいことはありませんが、取引の内容によってはリスク許容度が審査の対象になり、信用取引やFX等の取引については全ての投資家に広くオープンにされているわけではありません。
ビットコインの市場においては市場規制がまだ緩いため、ビットコインを買うこと、ビットコインからコムサに交換することに何の規制も存在しないといってよいです。
リスク許容は自己責任となりますが、ICOはまだ成熟していないマーケットであるがゆえに、大きく成長する可能性もあるといえます。

ICOの可能性

株式の新規上場はハードルが高いわけですが、逆にいえば規制が高く革新的な新しいアイデアに関しては参入障壁となっている可能性があるのです。
ICOの資金調達手法を採用すれば株式の新規上場というスキームではなく簡易な形で資金調達をできる、投資家の立場からすれば魅力ある事業に対してはコムサを購入しておいて資金提供をする機会を自らが準備しておくことが時代のトレンドになってきているのです。
規制緩和が進んでいくことは時代の趨勢です。
仮想通貨という手段を使って上手に運用手段を増やしていくことはとても大事なことだと考えます。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN