ICOの意味について

ICOはIPOに似ている

ICO意味ですが、これはInitial Coin Offeringの頭文字を取った用語です。
新規にコインを売りに出すとでも言ったような感じの言葉になります。
この言葉はゼロから作られたものではなく、多分に既存のIPOという言葉を意識して生み出された造語です。
IPOとはInitial Public Offeringの頭文字を取っており、これは新規に公開して売りに出すということになりますが、要は株式の新規公開のことです。
ICO意味はこのIPOと対比させて考えると理解しやすいでしょう。

株式公開の意味

株式の新規公開とは何かというと、企業がその運営資金を調達したいと思ったときに、広く一般から出資を募る方法の一つです。
企業は株式を発行し、その企業の株を買いたいと思った人に購入してもらうことで資金を調達することができるわけです。
ところで、どうして人々は株式を購入するのでしょうか。
もしかすると、いずれ値上がりすることを期待して買う、としか答えられない人がいるかもしれません。
しかしこれは十分な答えではありません。
株価が値上がりするのは、多くの人が欲しいと思って買う人が多くなるからです。
どうして多くの人が欲しいと思って株式を買うようになるのかと言う質問に対して、多くの人が欲しいと思って買うようになることを期待して、というのはあまりまともな答えになっているとは言えないでしょう。

株式の本来の意味

本来、株式はその会社の経営に参加できる権利です。
その会社の経営方針に意見を出したり、大きな権利を持っていればそれこそ単に意見を出すだけに留まらず自分が主導して決めることさえ不可能ではありません。
株主総会とはまさにそういう場です。
そして、経営がうまくいった結果として利益を生み出すことができれば、権利の大きさに応じて利益の分配を受けることができます。
これが配当金です。
株式とは本来こういうものです。
経営に参画する権利そのものは別に実質的なお金を生み出すわけではありませんから、権利欲に取り付かれた人以外はあまり興味はないかもしれませんが、経営がうまくいった結果として手にすることのできる配当金は実質的なお金です。
本来はそれを求めて購入するのが株式であり、多くの人がそれを求めることで結果として株式の値段、権利の値段そのものが上昇するというのは実は二次的なものなのです。

新しい資金調達方法

ところで、では会社は広く一般から出資を募る方法としてIPOしかないのだろうか、何か他の手段はないのだろうかということで編み出されたのがICOです。
ICOでは、株式の代わりにコインを発行します。
コインとは言っても100円玉とか500円玉のことではありません。
ここで言うコインとは仮想通貨のことです。
仮想通貨を購入することで、購入者はその金額に応じて経営に参加する権利を得ます。
同様に、会社経営がうまく行って利益を生じれば、持分に応じて利益の配分を受けることもできます。
そして、株式と同様に多くの人がその会社の経営に参加して多くの配当を受け取りたいと思うようになれば、株価が上昇するのと同じように仮想通貨そのものの価値が向上し、そこでも利益を得ることが期待できます。

仮想通貨の別の魅力

ICO意味はこれだけではありません。
株式の場合はあくまで株式市場でしか取引ができません。
しかし仮想通貨の場合はそうではないのです。
通貨なのですから、その会社でしか通用しないわけではありません。
その通貨に価値を見出し、直接取引をしたいと考える人がいれば、その人との間で直接取引することが可能です。
これは株式にはない機能というか、魅力です。
株式を模倣して生まれ、そして株式を越える可能性がある存在、それがICOということになります。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN