ICOによる投資について

ICOは株式公開と近似

ICOは、それを購入するほうから見ると投資の一種ということができます。
ICOとは新規仮想通貨発行とでも訳すことができますが、これは新規株式公開とよく似たところのある概念で、株式を購入するのとここで言う仮想通貨を購入するのとはよく似ている面があります。

起業には資金が必要

仮想通貨を発行するのは、資金を調達するためです。
もちろん誰がどんな目的で資金を集めようとするかは人それぞれかもしれませんが、一般的には何か新しい事業やプロジェクトを立ち上げようとするとき、起業しようとするときが最も当てはまるでしょう。
新規事業やプロジェクト、あるいは起業には多額の資金が必要になります。
そのお金をどうやって集めるかというのは、常に起業家の頭を悩ませる問題です。
ですが、方法としては、基本的なところを言えば実は一つです。
高額のお金が必要になればなるほど、個人や個人的な友人、知人の範囲でできることなど限られています。
結局は、広く一般から資金を募るしか方法はありません。

しかし、起業家自身と個人的に親しくもない一般の人が、何か新規に事業を始めたいと思っているからと言われただけでポンとお金を出すなどということは普通はありえません。
あるとすればそれは寄付でしょうが、それとて言われるがままにいくらでも出すなどということはないでしょう。

なんのために資金を提供するのか

赤の他人がお金を出すのは、これまた結局のところは何かの見返りがあると期待するからに他なりません。
人間というのは、個々人はともかくとしてある一定以上の集団として見れば、突き詰めていけば意外と単純な動機で動いているものです。
出したお金に見合った何か良いことが将来的に期待できると考えるからこそお金を出してくれるのです。
つまりは投資だということです。

では、実際に提供しうる見返りとは何でしょうか。
お金を集めて何か事業をしようとしている人が、将来的にお金を出してくれた人に還元できそうな見返りとは何かということです。
これも、別に何も難しくはありません。
そもそも何か事業を興そうとしているのは、まずはお金儲けをしたいからでしょう。
お金が全てではありませんが、それが大きな目的であることは否定できません。
であれば、還元できそうな見返りとはその事業で設けたお金の一部を分配することです。
ここに至ってICO投資の全体像が見えてきました。

見込まれるリターン

ICOで仮想通貨を購入した人は、その事業やプロジェクト、その会社が将来的に発展し、大きく成長して利益を上げるようになれば、その利益の一部を分配してもらうことが期待できます。
というか、それが期待できないと考えれば、本質的にはその仮想通貨をお金を出して購入する意味などありません。
長い目で見れば、最初に購入した金額よりも大きな金額の見返りがあるだろうと判断すれば購入しますし、そうでなければ購入しません。
これも別に難しい話ではなく、どんな投資でも人はこのように判断して動いているはずです。

注意すべき事項

ただし、ICOによる仮想通貨については、既存の他の投資に比べて違いもあります。
そこには十分に注意しておく必要があるでしょう。
例えば株を買うとしましょう。
株は、株式市場で購入することになりますが、実はどんな会社の株であっても株式市場で購入できるわけではありません。
市場で売買できるためには、それなりの基準を満たした会社である必要があるのです。
これは株を買う側から見れば、箸にも棒にもかからないような見込みのない会社の株はそもそも掴まされないようになっているということです。
あるいは外貨を買う場合でも、外国の通貨は一応はその国の政府が保証しているはずです。
ただのメダルを掴まされることはありません。

これに対してICOはそのような基準や保証に極めて乏しいです。
つまり、金の卵を掴む可能性がある一方で、ただのゴミくずを掴まされる可能性もあるということです。
自己判断、自己責任がより一層重要になってきます。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN