ICOはクラウドセールのことで仕組みを理解して運用しましょう

仮想通貨人気とともにクラウドセールに大注目!

ICOはInitial Coin Offeringの略で、クラウドセールと言われています。
仮想通貨の取引所において取引される前の仮想通貨の先行販売のことです。
既に取引所で公開中の仮想通貨は多く、マーケットの評価を受けていて、「ビットコイン」や「イーサリアム」などの時価総額が大きいコインは高評価を受けています。
しかし評価されないであまり価値のないなコインもあり、取引所に上場される前の仮想通貨がクラウドセールという形で売りに出され、たくさんの企業やプロジェクトなどが資金調達を行っているのです。

少額から始められるのも魅力

クラウドセールはインターネットを利用して誰でも参加でき、少額からでも投資するできることが可能です。
企業やプロジェクトなどは独自の仮想通貨を発行し、資金調達を行いますが、この独自のコインを「トークン」と言います。
資金調達方法はクラウド・ファンディングの仕組みとよく似ており、インターネットにおいて必要な処理が完結することが可能です。
企業やプロジェクトなどはサービスに使用される技術やビジネスモデルなどをホワイトペーパーと言うレポートに纏め周知します。
コインを購入する人たちはホワイトペーパーを読み、その企業が将来成長するか、投資する価値があるかを判断し、有望と判断すると「トークン」を購入します。
その企業の実績やサービス価値などはまだ分かりませんが、それにもかかわらず仮想通貨人気に伴って、価格は高騰し、クラウドセールで購入したコインが上場されると、中には3倍〜20倍に値上がりするようなものもあるそうです。
利用者にはサービスや企業などに投資する目的ではなく、値上がりを狙う人が増えてきています。

イーサリアムから目をはなせない

「イーサリアム」をプラットフォームにしたクラウドセールがマーケットを賑わせていて、「イーサリアム」の値段もアップしています。
資金を調達する企業やプロジェクトなどが本当にサービスをスタートするのかは未知数で、値上がりしている「イーサリアム」の今後の展開にも注目です。
クラウドセールが取引所に上場される期間はその銘柄によって異なります。
クラウドセールの時点ではまだ決定されていませんが、注目度の高いものの場合、数週間で上場するケースもあります。
クラウドセールの支払いは「イーサリアム」で行いますが、現在開発のブロックチェーンタイプのサービスはほとんど「イーサリアム」のテクノロジーをプラットフォームに利用しているからです。
「イーサリアム」以外のものを利用したサービスもあり、そのようなサービスでは「ビットコイン」や他の仮想通貨で支払います。
どのコインで支払いすることができるのかは、インターネットにある各公式サイトなどでチェックすることが可能です。

賢明ならばリスクを回避

近年注目されているICOですが、投資には常にリスクがつきものです。
仮想通貨も例外ではなく、いくつか注意しなければいけないポイントがあります。
例えば、資金集め自体を目的にし、プロジェクトをスタートする気がもともとないような詐欺コインの可能性があったり、詐欺プロジェクトではないが開発がとん挫してしまったり、ハッキングなどにあい脆弱性が明確になったり、プロジェクトそのものが消滅するケースも少なくありません。
このようなリスクを回避するために、必ずICOの条件を確認することが大切です。

情報収集と精査がポイント

ICOは5000円ぐらいから誰でも気軽に参加することができるメリットがあります。
近年仮想通貨のマーケットは拡大しているので、今買っておくと値段が上がるなどの話を耳にすることも多いでしょう。
クラウドセールはあくまで投資なので、何かしらのリスクを負っていると自覚しておくことが大切です。
ICOの仕組みをよく把握した上で行うと良いでしょう。


WEEKLY PICK UP ICO

WHITESTONE COINプロジェクト

WHITESTONE COINプロジェクトは、収益から最大34%の利益配分を提供する、最も進化したグローバル規模な仮想通貨マイニング事業です。

ホワイトカード特権

すべての会員は、トークンを保有することで、毎月マイニングマシンによって生み出された収益から配当金を受け取る権利を持ちます。配当の割合はランクによって異なります。

公式ICO情報:WHITESTONE COIN